韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  サムスン、米テキサスに2000億ドル規模の半導体工場建設計画

サムスン、米テキサスに2000億ドル規模の半導体工場建設計画

サムスン電子が「20年間に2000億ドル規模で米テキサス州に11カ所の半導体工場を建設する」という内容が入った税制優遇申請書を米テキサス州政府機関に5月末に提出した。

ウォールストリートジャーナルなど海外メディアによると、この申請書にはサムスン電子がテイラー・オースティン市の従来の工場のほか、追加で1921億ドル(約251兆ウォン、約26兆円)を投資するという提案が含まれている。20年間に11カ所の半導体工場を新設・増設するということだ。

今回の提案は今年末終了予定のテキサス州のチャプター313プログラム申請締切日を控えて提出された。チャプター313プログラムとは地域雇用創出の見返りに企業に10年間の財産税減免を提供するプログラム。 サムスン電子側は「チャプター313申請書は長期的な未来の見通しに関する計画」とし「具体的な投資計画ではない」と説明した。
https://japanese.joins.com/JArticle/293500?servcode=300§code=320

スポンサードリンク
韓国のサムスン電子は、米テキサス州に建設を検討している11の半導体工場に関連し、税制優遇措置の申請を開始した。サムスン電子は既にテキサス州に一つの半導体工場を持ち、新たな工場の建設も進めている。提出書類には、提案された新規投資の規模が約1920億ドルに上ることや、各工場の建設に120億─230億ドルがかかり、900人以上の雇用が生まれることが示されている。

2022-07-24-k003.jpg

サムスン電子は声明で「現時点では、具体的な建設計画はない」とした上で、テキサス州の不動産税制優遇措置「チャプター313」に基づく今回の申請は、同社が米国に半導体工場を追加建設する可能性を評価するための手続きの一環だと説明した。この優遇措置は12月に終了する。 サムスンはオースティンから約30マイル(約48.28キロ)離れたテーラーに半導体工場を建設する。同社が数十億ドルを投じたオースティンの広大な施設は、既に3000人余りの従業員を擁し、国内最先端の半導体の一部を製造している。新工場は2022年前半に着工し、24年後半に生産を開始する。

関連記事

[ 2022年07月24日 08:22 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
CHIPS法が上院を通る見通し。
特定企業優遇だが、国家安全保障が優先される。
中国はリベラル派取り込みに暗躍するだろう。
[ 2022/07/24 12:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp