韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  農業機械産業、米日は自動運転・電動式で先行、立ち遅れる韓国

農業機械産業、米日は自動運転・電動式で先行、立ち遅れる韓国

農業機械で電動化・自動運転など未来カー技術の応用範囲が広がる中、韓国企業の技術水準はやや立ち遅れている。未来の農業機械産業の競争力を強化するためには、農業に特化した電動化・自動運転技術を確保し、初期市場を形成する政策的支援が必要だとの提言が示された。最近は農業の生産性を高め、農産物生産時に排出される炭素量を削減するため、農業機械に自動運転技術を応用し、電動化を推進する努力が活発化している。

韓国自動車研究院は25日、「農業機械産業に拡大する未来カー技術」と題する報告書で、「電動化・自動運転技術の応用に支えられ、国内外の農業機械市場は成長が続く見通しだ」と指摘した。

報告書によれば、韓国の農業機械市場の規模は2021年時点で2兆3000億ウォン(約2390億円)規模と推定されるが、農業人口の高齢化、営農規模の不足に伴い、農業機械の導入拡大が見込まれている。特に自動車と同様にカメラ、超音波、LiDAR(ライダー、光による検知・測距)などのセンサーを搭載し、コネクティビティー技術で、人間による介入を最小化したトラクター、田植機、コンバインなどが実現できるようになり、農業機械産業でも電動化のペースが速まっている。

スポンサードリンク
ただ、韓国の農業機械メーカーの技術水準はまだ低い。農業機械の自動運転技術では、田畑の作業領域やさまざまな危険物など環境を認識し、経路決定・追従を行うことが重要になるが、米国のディア・アンド・カンパニー (ジョンディア)、AGCO、日本のクボタ、トプコンなど世界的企業は既に「レベル2」の自動運転技術を商用化している。
https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/07/25/2022072580081.html

2022-07-26-k002.jpg

農業業界の世界市場シェア(2021年)、1位はディア。2位のCNHインダストリアルは建機やトラックも手掛けるイタリアの名門財閥。3位のクボタは、稲作には圧倒的な強さを見せるものの、畑作向け農機で如何に欧米勢と競い合うかがポイント。1-4位は5位以下に引き続き大きな差をつけている。農機は、地域ごとの特性にあった機種(日本だったら稲作、ヨーロッパだったら畑作)を開発する必要があり、またメンテナンス等への対応力が問われるビジネスモデルで、グローバルな拠点を効率よく構築している点が四天王の強さと言える。

5位にヤンマー。海外の会社と決算期が異なることから、同社の売上高は2020年度ベース。2021年度の決算が反映されていないことに留意が必要だ。6位のクラースは規模では劣るものの、欧州では圧倒的なブランド力がある。7位はインド最大手のマヒンドラが、8位には中国のファーストトラクター、11位にはインド2位のトラクターズ・アンド・ファーム・エクイップメントが入ってきており、新興国メーカーも追い上げて来ている。

関連記事

[ 2022年07月26日 07:58 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp