韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  韓国輸出相手国1・2位である中国と米国で明暗分かれる

韓国輸出相手国1・2位である中国と米国で明暗分かれる

対中輸出は「くもり」、対米輸出は「晴れ」。最近の韓国輸出相手国1・2位である中国と米国をめぐり明暗が分かれる。新たな輸出戦略が必要という指摘が出ている。

関税庁が25日に発表した輸出入貿易統計によると、上半期の対中輸出額は814億ドルで全輸出額の23.2%を占めた。昨年上半期と比べ1.9ポイント下落した。これに対し対米輸出額は549億4000万ドルで全体の15.7%を占め、1年間で0.4ポイント上がった。 月別の対中輸出額は4月の3.4%減、6月の0.8%減に続き、今月1~20日は2.5%減で、前年同期比で減少傾向が続いている。対中貿易収支は5月に11億ドルの赤字で28年ぶりの月別赤字を記録した。今月に入っても20日までで15億ドルを超える赤字となっている。3カ月連続でマイナスとなる危機だ。

これに対し今月1~20日の対米輸出額は前年同期より19.7%増えた。月別の対米貿易収支も今年は黒字が続いている。産業通商資源部が発表した6月の情報通信技術(ICT)輸出入動向でも香港を含む対中輸出額は前年同期比2.6%減の90億8000万ドルにとどまった。22カ月ぶりに減少に転じた。

スポンサードリンク
これに対し対米輸出額は14.4%増えた29億3000万ドルだった。30カ月連続で増加している。先月の全ICT輸出額は6月としては過去最大の実績を達成したが、中国だけは「赤信号」が点灯したのだ。 韓国貿易協会が最近発表した「米中ハイテク輸入市場での韓国の輸出動向と示唆点」と題する報告書によると、中国のハイテク市場での韓国のシェアは2位だが、その存在感は下がり続けている。2015年には台湾と同じ19.0%だったが、昨年は15.9%に落ち台湾との格差が9.3ポイントに広がった。
https://japanese.joins.com/JArticle/293580?servcode=300§code=320

2022-07-26-k005.jpg

2021年の韓国の対中輸出は1,629億ドルで過去最高を更新した。しかし、対中輸出に関しては楽観視できる状況にない。かつて増加基調にあった対中輸出は2013年を境に局面が変化し、それ以降は伸び悩んでいる。2013年までの増加基調は、中国製造業の生産・輸出が拡大し、中国製品に組み込まれる中間財などの韓国からの輸入が増加したことによってもたらされた。同時に、韓国製造業の対中直接投資が増加し、現地生産が拡大した。

対中輸出動向を品目別にみる必要がある。対中輸出は、すべての品目で一様に伸び悩んでいるわけではない。増加している品目と減少品目があり、これらが相殺しあった結果、全体としての伸び悩みにつながっている。まず、対中輸出が増加した品目をみると、半導体が他を圧倒している。半導体の対中輸出は、2013年から2021年にかけて285億6,600万ドル増加した。これは、この間の対中輸出全体の増加額(170億4,300万ドル)を100億ドル以上も上回る。

換言すると、仮に半導体の対中輸出が増えなかったら、韓国の対中輸出総額は100億ドル以上減少していたことになる。増加額3位の半導体製造装置も合わせ、この間の対中輸出を支えたのは半導体だったとして過言でない。中国の半導体市場の拡大と半導体の自給率の低さが、対中輸出の大幅な拡大をもたらした。 だが、韓国銀行が2022年3月、「国内主要新成長産業のグローバル競争力およびリスク要因評価」を発表しており、その中で「産業別にみると、韓中の技術格差は現在、半導体で5年、ディスプレー2年、車載電池2年~4年、自動車1年未満と推定される」「その格差は今後、徐々に縮小するとみられる」とした。

関連記事

[ 2022年07月26日 08:21 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp