韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  「米国に220億ドル追加投資」、崔泰源SKグループ会長とバイデン大統領とオンラインで面談

「米国に220億ドル追加投資」、崔泰源SKグループ会長とバイデン大統領とオンラインで面談

バイデン米大統領と米国を訪問しているSKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長が26日にオンラインで会った。バイデン大統領は5月の訪韓当時、サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長、現代自動車グループの鄭義宣(チョン・ウィソン)会長と直接会ったのに続き、再び韓国大企業オーナーと会い米国内投資を要請した。崔会長は昨年SKグループが明らかにした520億ドル規模の米国投資計画に対し具体的に説明したという。

ホワイトハウスはこれと関連し、SKグループが米国に220億ドルを追加で投資することにしたと26日の会見で明らかにした。バイデン大統領と崔会長は当初直接会う予定だったが、バイデン大統領が新型コロナウイルスに感染したことからオンラインでの面談に変更されたという。この日の会議にはレモンド商務長官も同席した。 崔会長は昨年11月に米国を訪問し「2030年までに米国に520億ドルを投資する」と明らかにしている。崔会長は当時、マコーネル共和党上院院内代表に会った席で「520億ドルのうち半分ほどは電気自動車バッテリーと水素など親環境分野に投資する計画」と説明した。

スポンサードリンク
SKグループはバッテリーメーカーのSKオンを通じ米自動車メーカーのフォードと合弁でケンタッキー州とテネシー州に車載電池工場3カ所を追加で作る予定だ。SKシルトロンは昨年11月に電気自動車用炭化ケイ素(SiC)ウエハー生産拡大に向け今後5年間に6億ドルを投資することにした。インテルのNAND型フラッシュ事業部を買収したSKハイニックスも現地投資拡大を検討している。

最近バイデン大統領は米国中心のサプライチェーン再編、特に半導体分野の同盟である「チップ4」に韓国の参加を求めている。米国内の半導体産業を支援する半導体産業育成法案の処理にも力を入れている。半導体支援法案が通過すれば米国内に半導体製造工場を作る企業は資金支援だけでなく生産設備投資税額控除率25%を適用される。 
https://japanese.joins.com/JArticle/293629?servcode=300§code=320

2022-07-27-k005.jpg

崔会長が、米大統領と単独で会うのは今回が初めてだ。特に、韓国の主要企業の中で、米国でバイデン大統領に会うのは崔会長が初めてだ。これに先立ち、バイデン大統領は5月の訪韓当時、サムスン電子の李在鎔(イ·ジェヨン)副会長、現代自動車グループの鄭義宣(チョン·ウィソン)会長と会い、米国投資計画について話し合っている。

これに先立ち、SKグループのバッテリーメーカーであるSKオンは、米完成車メーカーのフォードと合弁法人を立ち上げ、米テネシーとケンタッキーに電気自動車用バッテリー工場を3つ建設すると明らかにした。工場1か所当たり年産43ギガワット時(GWh)のバッテリーを生産する規模であり、これらの工場は2025年と2026年にかけて完工される。

SKグループは今年5月、未来の成長動力である半導体とバッテリー、バイオなどいわゆる「BBC」分野を中心に、2026年までに247兆ウォン(約24兆7000億円)を投資すると発表した。179兆ウォン(約17兆9000億円)が国内投資額であり、残り68兆ウォンが海外投資額だ。海外投資規模の相当数が北米地域に集中する可能性が高い。

関連記事

[ 2022年07月27日 08:24 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
韓国が中国に取り込まれ、米国から見限られる前に、米国のもとに逃げ込んだね。
[ 2022/07/27 19:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp