韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  スターバックスが韓国進出23年目で最大の危機

スターバックスが韓国進出23年目で最大の危機

コーヒー業界で圧倒的な1位を占めてきたスターバックスが近頃トラブルメーカーになっている。今回はサービスで提供していた品物から有害物質が検出された可能性があるとの話が提起され、問題になっている。スターバックスが韓国に上陸してから23年目。最大の危機を迎えていると、関連業界では口を揃えて話している。

25日、関連業界によれば、スターバックスは今月の23日から各店舗で贈呈していた「サマーキャリバック」を飲み物クーポン3枚で交換している。とある研究員が「キャリバックから発癌物質であるホルムアルデヒドが検出された」との主張をネットコミュニティーの掲示板に投稿。これを読んだ消費者の間でクレームが殺到されたことから、会社はこのような措置を取ったのである。 1999年、ソウル市テヒョン洞にある梨花女子大学前に1号店を開いたスターバックスは、韓国市場で恐ろしいスピードで成長してきた。昨年の1年間の売上は2兆ウォンを突破し、韓国のコーヒー業界でも1位を記録していた。

しかし、成長し続けているとみられていたスターバックスコリアは昨年の7月、Eマートが最大株主(67.5%)となってからあらゆる口説に上がった。「コーヒーの味が変わった」とか、韓国語のマーケティングで書かれたロゴについて「スターバックスでしか味わえなかった雰囲気が無くなった」との反応が出た際も、スターバックスは動揺しなかった。原材料やレシピー、マーケティング制作において変化があったわけではなかったからだ。

スポンサードリンク
問題は今年の4月になってから。「紙ストローからガソリンの匂いがする」というクレームが提起された。調べると、ストローを製造したとある工場がコーティング液の配合比率を間違えて調整したことが確認され、すべてのストローを回収する事件が起きた。先月は新世界フードが納品したサンドイッチの品質が一定していないとの指摘も出た。 新世界グループでもこの件による問題性を認識していると関係者は伝えた。品質管理能力が問題になるとグループ全体のイメージにも被害が生じる。従来の顧客の離脱も想定できるからだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/7d6858c50d6fc07c2b4249655b6cb8bec2dbc53c

2022-07-28-k001.jpg

昨年、韓国のコーヒーチェーンでも最も人気が高いスターバックスの米国本社が、韓国の合弁事業の全株式を売却した。合弁相手の韓国流通大手新世界グループが経営権を握った。世界のスタバでも優良事業ともいえる韓国の合弁会社を巡って、新世界、スタバ双方にそれぞれの思惑が一致した。株の買い増しを含め、新世界グループの今年に入ってからの猛烈な投資攻勢が目立つった。

韓国のスタバ(スターバックスコーヒーコリア)は、スタバ本社(スターバックスコーヒーインターナショナル)と新世界グループで大手マートなどを手掛ける「イーマート」が折半出資で運営してきた。1999年にソウルの梨花女子大前に1号店を開いて以降、韓国内で他のコーヒーチェーンとの熾烈な競争を勝ち抜いてきた。現在は1580店舗があり、2020年の売上高は1兆9284億ウォン(1円=11ウォン)、営業利益は1644億ウォンという優良事業に育った。

韓国のコーヒーチェーンでも最も人気が高いスターバックスの米国本社が、韓国の合弁事業の全株式を売却したことで、韓国経営では、日本よりも密集している韓国スタバの競争となると問題は起きるだろう。

関連記事

[ 2022年07月28日 07:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
顧客も市民もだんだん、わかってきたようで、
記事のタイトルにも、本質がチラとでてくる。
シアトルのスタバの問題ではなくて、韓国資本になった
スタバ韓国の問題として問題が拡大している。

>スターバックス韓国 最大危機
このタイトルがよく言い表す。

>スタバ、韓国進出23年目を機に最大の危機を迎える
このタイトルは周回遅れで、誤解を誘発する意図がある。

[ 2022/07/28 19:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp