韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  LGエネルギーソリューション、中国にバッテリーリサイクル合弁会社を設立

LGエネルギーソリューション、中国にバッテリーリサイクル合弁会社を設立

LGエネルギーソリューションが、中国1位のコバルト精錬会社・華友コバルトとバッテリーをリサイクルするための合弁法人(JY)を設立する。合弁法人を通じて原材料供給の安定性を高め、ESG(環境、社会、支配構造)経営を強化できるものと期待される。

26日、LGエネルギーソリューションは、持続可能な資源循環の体系を構築するため、華友コバルトと廃バッテリーなど、重要原材料を抽出するバッテリーリサイクルの合弁法人を設立する覚書(MOU)を交わしたと明らかにした。 華友コバルトは、中国最大手のコバルト生産メーカーで、合弁法人は中国国内初の韓中合弁バッテリーリサイクル企業となる。両社は年内に運営対策などの細部内容について協議し、合弁法人の最終設立を完了する計画だ。

合弁法人は、バッテリーの生産過程で発生する廃棄物である「スクラップ」と、回収された廃バッテリーから陽極材の主原料であるリサイクルニッケルやコバルト、リチウムを抽出する。抽出物は陽極材の生産過程を経て、LGエネルギーソリューションの中国南京にあるバッテリー生産工場に最終的に供給される予定だ。

スポンサードリンク
スクラップを処理して廃バッテリーを加工する前処理工場は、LGエネルギーソリューションの生産工場がある南京に、リサイクルメタルを処理する後処理工場は、華友コバルトのインフラを活用できる中国の衢州に建設する計画だ。 
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220727/3536377/1

2015-02-26-lg.jpg

26日、LGエネルギーソリューションは持続可能な「資源好循環体系」構築のため、ファユコバルトと提携し、廃バッテリーなどから核心原材料を抽出するバッテリーリサイクル合弁法人を設立する。中国内初の韓中合弁バッテリーリサイクル企業となる。 両社は今年中に運営方案など細部内容を協議し、合弁法人設立を最終完了する。

合弁法人はバッテリー生産過程で発生する廃棄物であるスクラップと回収された廃バッテリーなどから陽極材の主原料として使われるリサイクルニッケル、コバルト、リチウムを抽出する。 抽出したメタルは陽極材の生産過程を経て、最終的にLGエネルギーソリューションの南京バッテリー生産工場に供給される。

LGエネルギーソリューションは安定的な原材料供給網の構築に向けて努力している。 昨年12月、LG化学と共に、600億ウォンを投資し、北米最大のバッテリーリサイクル会社「Li-Cycle」の持分2.6%を確保し、2023年から10年間、ニッケル2万トンの供給を受ける予定だ。 また、世界最大のリチウム生産メーカーの一つであるチリのSQM、ドイツのVulcan Energyと2029年までリチウム長期供給契約を締結した。

関連記事

[ 2022年07月28日 08:14 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp