韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国社会 >  韓国の人口、昨年は9万1000人減で統計開始以来初

韓国の人口、昨年は9万1000人減で統計開始以来初

昨年、韓国の総人口が1949年の統計開始以来、初めて減少したことが分かった。韓国統計庁が28日に発表した2021年の人口住宅総調査結果によると、2021年11月1日現在で韓国の総人口は5173万8000人で、1年前より9万1000人(0.2%)減少した。総人口が減少したのは政府樹立翌年の1949年に統計が開始されて以来、72年で初めてのことだ。

人口の伸び率は1960年に3.0%でピークとなり、徐々に鈍化。1995年からは1%未満に低下したが、増加は続いていた。 昨年の65歳以上の高齢人口は870万7000人で前年より41万9000人(5.1%)増えた。高齢人口の比率は16.8%に達した。国連の基準では、65歳以上の人口が14%以上なら「高齢社会」、20%以上なら「超高齢社会」だ。韓国は高齢社会から超高齢社会へと向かっている。

スポンサードリンク
一方、単身世帯(一人暮らし世帯)は急増している。昨年の単身世帯数は717万世帯で、前年比で7.9%増えた。700万世帯を超えたのは、単身世帯数の統計が始まった1975以来、初めて。全世帯のうち33.4%が単身世帯で、前年の31.7%から増加した。
https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/07/28/2022072880249.html

2022-07-29-k001.jpg

昨年、韓国の人口が1949年以来初めて減少した。少子化が続く中、コロナの影響により韓国国内に居住する外国人の人数も減った結果だと見られる。65歳以上の老人人口が一年で42万人(5.1%)増えた。人口は減り、高齢化は早まっている。韓国統計庁が発表した「2021年人口住宅総調査人口部門集計結果」によれば、昨年、韓国の総人口は5173万8000人だった。

一昨年の同時期(5182万9000人)に比べ、0.2%(9万1000人)減った。総人口の減少は韓国政府が樹立した翌年の1949年、集計が始まった以来初めてだ。1960年、年間3.0%に至っていた人口増加率は1995年から0%台に減った。統計庁は3年前の2019年までには「2029年から総人口が減ると見られる」と発表していたが、実際減少したのは当時の予測より8年も早い。

関連記事

[ 2022年07月29日 07:47 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
人口減少は加速度的に進んで行く
今年初めて人口減少が発覚した訳だが出生率が世界一少ない韓国では今後人口減少が加速度的に進んで行く、それは日本の比では無い。
更に、労働者賃金が高く成り過ぎたので企業が海外に脱出し、若者も仕事を求めて韓国を出て行く。
年々厳しく成って行く。
[ 2022/07/29 09:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp