韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  中国のバッテリー、内需のおかげで急成長、だが韓国のバッテリーは世界市場シェア減少

中国のバッテリー、内需のおかげで急成長、だが韓国のバッテリーは世界市場シェア減少

中国のバッテリーメーカーが、急速に拡大している電気自動車の内需市場を基に急成長し、韓国のバッテリーメーカーが世界市場シェアを落としている。内需市場を中心に技術力を積み上げ、規模を拡大した中国メーカーが国外の市場に目を向けており、韓国のバッテリー業界の脅威になる可能性もあるとみられている。

2日、市場調査会社のSNEリサーチによると、今年上半期に世界80カ国に新たに登録された電気自動車に搭載されたバッテリーの総量は203.4ギガワット時(GWh)で、昨年同期に比べて76.8%上昇した。中国のCATLが70.9GWhで供給量の世界1位を、LGエネルギーソリューションが29.2GWhで2位を記録した。両社の順位は昨年同期と同じだったが、昨年上半期に5.6GWhだった供給量の格差は、今年は41.7GWhと大きく広がった。同期間の世界の電気自動車バッテリー市場シェアも、CATLは28.6%から34.8%に拡大した一方、LGエネルギーソリューションは23.8%から14.4%に縮小した。

他の中国のバッテリーメーカーも一斉に躍進した。市場シェア基準で世界10位内に名を連ねた中国のバッテリーメーカー6社は、いずれも3桁の成長率を記録した。

スポンサードリンク
一方、韓国のメーカーはSKオンだけが114.4%で3桁の成長率を示し、LGエネルギーソリューションとサムスンSDIはそれぞれ6.9%、50.6%の成長に止まった。これにより、国内のバッテリー3社の世界市場シェアは、昨年上半期の34.9%から今年は25.8%へと下がった。3社のシェアを合わせても、CATLのシェアには及ばない。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/44185.html

2022-08-03-k005.jpg

世界で電気自動車(EV)の販売が急拡大するのに伴い、EV搭載バッテリー市場の競争が激しくなっている。シェア首位を独走する中国勢に対し、韓国バッテリー3社はシェアを守りながらすぐ後ろを追いかける。日本は中韓の攻勢に対し、地盤沈下が目立ってきた。

韓国のエネルギー市場専門の調査会社SNE Researchは2021年9月29日、2021年1月〜8月期の世界市場で登録されたEV搭載バッテリーのメーカー別シェアを公表した。首位は中国・寧徳時代新能源科技(CATL)であり、シェアは30.3%と前年同期から6.9ポイント増やした。2位は韓国LGエナジーソリューションである。シェアは24.5%で同1.5ポイント増だ。韓国勢はこの他、韓国SK onがシェア5.4%で5位に、韓国サムスンSDIがシェア4.9%で6位に入った。韓国バッテリー3社が、中国勢の独走を追いかけている様子が見える。

関連記事

[ 2022年08月03日 08:24 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp