韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓銀総裁、「基準金利は0.25%ずつの引き上げが適切」

韓銀総裁、「基準金利は0.25%ずつの引き上げが適切」

李昌鏞(イ・チャンヨン)韓国銀行総裁は、基準金利を今後0.25%ずつ引き上げるのが適切だという見解を明らかにした。

李総裁は1日、国会企画財政委員会に出席し、「今後も当分、高い(強い)物価上昇傾向が持続するので、金利引き上げの基調を継続する必要がある」とし、「物価と成長の流れが既存の予測経路から大きく外れないならば、基準金利を0.25%ずつ徐々に引き上げることが適切だろう」と話した。

米国は緊縮に拍車をかけているが、現状況ではあえて韓国も「ビッグステップ」(基準金利の0.5%の引き上げ)で対抗する必要はないという意味と解釈される。ただ、李総裁は今後ビッグステップの可否に関する質問には、「可能性を排除できない。物価基調から脱すれば、その時のデータを見て決定する」とし、可能性は残しておいた格好だ。

スポンサードリンク
李総裁の発言は、「漸進的な金利引き上げ」という韓銀の従来の方針を再確認したものだ。李総裁は、史上初のビッグステップに踏み切った先月13日の記者会見で、当分の間、金利は0.25%ずつ引き上げると明らかにしている。

韓銀が今年残っている3度の金融通貨委員会で、2~3回0.25%ずつ金利を引き上げると想定すれば、現在2.25%である基準金利の水準は、年末には2.75~3.0%に達することになる。だが、基準金利が2.25~2.50%である米国は、年内に追加のジャイアントステップ(0.75%引き上げ)やビッグステップを予告しており、この場合、韓米基準金利の逆転状況は長期化する恐れがある。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220802/3548068/1

2022-07-14-k001.jpg

李昌鏞韓国銀行総裁が、今後の基準金利の引き上げと関連し、「0.25%ずつ少しずつ引き上げ、物価上昇の勢いを緩和させるのが望ましい」と述べた。ただ、今後の物価状況によっては、もう一度ビッグステップ(基準金利0.5%引き上げ)を踏む可能性も排除していない。

李総裁は1日、国会の企画財政委員会業務報告で「今後も当分、高い物価上昇傾向が持続すると展望されるだけに、基準金利引き上げ基調を継続する必要がある」と明らかにした。

李総裁は「世界経済は、インフレ圧力拡大にともなう主要国中央銀行の金利引き上げ加速化、ウクライナ事態の長期化などで成長勢が弱化する姿」とし「韓国内景気は、対外条件悪化にも上半期までは良好な回復傾向を継続したが、今後は下方リスクが優勢な中で不確実性も大きくなった状況」とした。

関連記事

[ 2022年08月03日 08:38 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp