韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  日本政治 >  福島原発汚染水放出する「海底トンネル」、4日に着工か

福島原発汚染水放出する「海底トンネル」、4日に着工か

東京電力は、福島第一原発敷地のタンクに保管している放射性物質汚染水を来年春に海に放出するための海底トンネル工事をまもなく開始する。日本原子力規制委員会が海洋放出計画を正式に認可したのに続き、福島県など近隣の地方自治体が着工を了解したためだ。

2011年の東日本大震災で放射性物質漏れ事故が起きた福島第一原発の運営会社である東京電力は2日、福島県と福島第一原発が位置する福島県内の大熊町や双葉町などの地方自治体から、汚染水放出のための海底トンネル工事の開始を了解するという回答書を受け取ったと発表した。内堀雅雄福島県知事は回答書を渡し、「海洋放出に反対する人もいるなど、まだ様々な意見がある。政府と東電が関係者と対話を重ねてほしい」と述べた。

漁業関係者らは依然として汚染水の海洋放出に強く反対している。日本原子力規制委員会が先月22日、福島第一原発の汚染水海洋放出計画を正式に認可する決定を下したことに対し、福島県漁業協同組合連合会の野崎哲会長は「海洋放出に断固反対であることはいささかも変わることはない」との声明を発表した。

スポンサードリンク
原子力規制委員会の認可と近隣自治体の了解など、海底トンネル建設に対する行政手続きが完了したことで、工事が本格的に始まる見通しだ。読売新聞は3日、「海底トンネル工事が早ければ4日に始まる予定だ。東電は既にトンネルを掘るための掘削機を現場近くに配置し、最終点検を行ってきた。工事には8カ月半ほどかかる見通しだ」と報じた。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/44198.html

2022-08-04-k002.jpg

東京電力は3日、福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)の汚染水を浄化処理した後の水の海洋放出に向け、海底トンネルなどの設備工事を4日に始めると発表した。来年春の放出開始を目指すが、気象条件などで海上工事が遅れた場合、設備の完成は来年夏ごろにずれ込む可能性があるという。漁業関係者を中心に反対の声は強く、実際に放出できるかは不透明としている。

2日に立地自治体の県と両町が工事に同意したばかり。4日には、海底トンネルの掘削や保管タンクから処理水を移送する配管の敷設などを始める。東電は、一部の工事は同意の対象外として進めており、海底トンネルにつながる貯水槽が入る穴は掘り終えている。

関連記事

[ 2022年08月04日 07:57 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
韓国、中国は汚染水の垂れ流しをやめよ!
韓国及び中国はかなりの高濃度の放射能汚染水を長年海に垂れ流している。
汚染水の垂れ流しを直ちにやめろ。
[ 2022/08/04 09:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp