韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  韓国、6月経常収支2カ月連続黒字、1年前より規模縮小

韓国、6月経常収支2カ月連続黒字、1年前より規模縮小

韓国は今年6月の経常収支が2カ月連続で黒字を記録したが、原材料など輸入価格の上昇で黒字規模は1年前より30億ドル以上縮小した。

6月を含む上半期累積経常収支黒字は、ひとまず韓国銀行(韓銀)の見通しを上回ったものの、対中輸出の減少傾向などが続く場合、今年全体500億ドルの黒字達成はまだ大言壮語することができない状況だ。 韓銀が5日に発表した国際収支の暫定統計によると、6月経常収支は56億1000万ドル(約7474億円)の黒字だった。今年上半期の累積黒字は247億8000万ドルで、韓銀が5月に予想していた210億ドルを上回った。

韓国経常収支は2020年5月以降今年3月まで、23カ月連続黒字を維持し、4月の輸入急増と海外配当が重なって赤字を出し、5月は黒字転換に成功した後、2カ月間黒字基調を継続した。だが、6月の黒字額は昨年同じ月(88億3000万ドル)に比べて32億2000万ドル減少した。

スポンサードリンク
項目別に見ると、貿易収支黒字が1年前に比べて39億6000万ドル少ない35億9000万ドルにとどまった。輸出(595億3000万ドル)が石油製品などを中心に9.1%(49億5000万ドル)増えたが、輸入(559億4000万ドル)の増加幅(18.9%・89億1000万ドル)が輸出の2倍を超えたためだ。

何よりも6月通関基準として原材料輸入額が昨年同じ月に比べて28.9%増えた。原材料のうち石炭、原油、石油製品、ガスの輸入額増加率は各189.0%、53.1%、27.7%、27.4%に達した。半導体(37.0%)、半導体製造装備(6.8%)など資本材の輸入額も13.7%増加した。
https://japanese.joins.com/JArticle/294039?servcode=300§code=300

2022-06-22-k003.jpg

『経常収支=所得−内需 なので、内需(国内市場力)の劣化による経常黒字は悪い。国内市場の縮小によってもたらされた経常黒字で、労働者の可処分所得の低下を意味する。実際にはインフレ率に可処分所得の増加率となる賃金増加率が追いつかないために、生活が苦しくなるというパターン。韓国の特徴と言える。

韓国の一次所得を見てみると、海外からの回収分のおよそ2-3倍程度の赤字(で、海外投資家による韓国国債購入分等となっている。韓国は外国から倍以上も借り込んでいる。全てが韓国国債購入分ではなく、株式市場にも多くが還流されている。それでも政府予算の過半を外債に頼っているわけで、これが致命的と言える。

関連記事

[ 2022年08月06日 08:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp