韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  未分類 >  中国の台湾封鎖リハーサルに対し、米国は空母滞在延長

中国の台湾封鎖リハーサルに対し、米国は空母滞在延長

米国のナンシー・ペロシ下院議長の台湾訪問後に実施されている中国の軍事演習で、中国軍が発射した弾道ミサイル4発が台湾上空を横断し、台湾の東側の海に落下した。中国軍が発射したミサイルが台湾上空を横断したのは史上初めて。中国がペロシ議長の台湾訪問を機に、台湾に対する軍事的圧力の強さを以前より一段と高め、新たな基準にしようとしているものとみられる。

5日の中国人民解放軍東部戦区と台湾国防部、日本防衛省の発表などによると、中国軍は前日午後1時56分から午後4時にかけ、台湾北部と南部、東部周辺の海域に計11発の「東風」型弾道ミサイルを発射した。「東風(DF)」は中国が開発した弾道ミサイルで、短距離ミサイルから大陸間弾道ミサイルまで各種存在する。中国軍は、ペロシ議長の台湾訪問直後の4日昼から7日にかけての72時間の間、台湾海域6カ所を指定し、陸海空軍合同の軍事演習に入った。

日本防衛省は4日、中国が発射した11発の弾道ミサイルのうち5発が日本の設定した排他的経済水域(EEZ)の内側に落下し、5発中4発は台湾本島の上空を通過したとみられると明らかにした。

スポンサードリンク
これに先立ち4日午前、「グローバル・タイムズ」などの中国官営メディアは、中国軍が台湾上空を横断するミサイルを発射すると報じた。中国軍はそれ以外にも、自ら設定した台湾海域の目標地域に様々な形態の在来型ミサイルを集中して発射した。中国軍はまた、空軍と海軍の軍用機約100機を台湾北部と西部、東部空域に送り、偵察、空中突撃、援護支援などの演習を行った。中国の最先端ステルス戦闘機J-20も演習に参加した。そのうち22機が中国と台湾の間の「台湾海峡中間線」を越えたことを、台湾国防省が明らかにした。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/44223.html

2022-08-07-k001.jpg

中国は台湾を、自国から分離した省で、いずれは再び中央政府の支配下に置かれるべきだと考えている。一方で台湾は、独自の憲法と民主的に選出された指導陣を持つ独立国家を自認している。中国の習近平国家主席は台湾「統一」は「必ず果たさなくてはならない」とし、そのための武力行使の可能性を排除していない。 台湾島は中国南東部沿岸からおよそ160キロ離れた場所にある。いわゆる「第一列島線」に位置し、アメリカの外交政策にとって重要な、同国に友好的な地域が含まれる。

清が中国を支配し始めた17世紀に初めて、台湾が完全な支配下に置かれたことを示唆している。中国は1895年に日清戦争に敗れると、台湾島を日本に明け渡した。1945年に日本が第2次世界大戦に敗れると、台湾島は再び中国のものとなった。しかし中国大陸では、蒋介石率いる国民政府勢力と毛沢東率いる共産党との間で内戦が勃発した。1949年に共産党が勝利し、北京を支配下に置いた。蒋介石と中国国民党の残党は台湾に逃れ、その後数十年にわたり台湾を統治した。

中国は台湾について、もともと中国の省だった歴史があるとしている。しかし、台湾人は同じ歴史を根拠に、自分たちは1911年の辛亥革命後に初めて建国された近代中国、あるいは1949年に毛沢東政権下で建国された中華人民共和国の一部だったことは、一度もないと主張している。

関連記事

[ 2022年08月07日 08:04 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp