韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  大宇造船、日INPEX「豪の海上プラントに瑕疵、9億7000万ドル賠償せよ」

大宇造船、日INPEX「豪の海上プラントに瑕疵、9億7000万ドル賠償せよ」

大宇造船海洋は、日本のエネルギー企業INPEX(インペックス)から浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)工程遅延と工事未完了に対する損害賠償請求をされたとして、当該事件に対する仲裁申請が国際刑事裁判所(ICC)に受理されたと5日、公示した。

INPEXは大宇造船海洋が2017年にオーストラリア海上に設置したFPSOで生産準備が遅れ、設備に瑕疵(かし)があるとして、オーストラリア現地法人を通じて大宇造船海洋に約9億7000万ドル(約1310億円)規模の損害賠償を請求した。大宇造船海洋は「INPEXの主張はほとんど根拠がなく、金額が過度に誇張されている」としている。ただし、大宇造船海洋はINPEXプロジェクト関連リスクを総合的に判断し、会計上予想される損失金額を既に計上してあると明らかにした。だが、現帳簿に反映されている具体的な金額は公表していない。

INPEXのFPSOは2012年3月に契約され、大宇造船海洋が約5年間にわたり工事した後、2017年7月に慶尚南道巨済市の玉浦造船所を離れ、2019年6月にオーストラリア現地で生産の準備を終えて引き渡された。現在は液化天然ガス(LNG)、液化石油ガス(LPG)、コンデンセート(condensate)を生産している。

スポンサードリンク
大宇造船海洋は「該当の設備は契約上要求される完了日内に玉浦造船所出港および生産のための準備が完了し、契約履行中に発生した契約事項の変更などに関する追加費用も注文主であるINPEX側の承認を受けて代金を受領した」「INPEXが請求したクレームは契約上、大宇造船海洋が責任を負わなければならない範囲を超えた事項だ」としている。
https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/08/06/2022080680001.html

2022-08-07-k005.jpg

株式会社INPEXは、国内外で石油・天然ガス等の権益を持つ大手石油開発企業。旧社名は国際石油開発帝石株式会社。2020年フォーブス・グローバル2000にて世界で597番目に大きな株式会社とされた。日経平均株価の構成銘柄の一つ。2022年01月17日に「島根・山口県沖合において石油及び天然ガス賦存の可能性を探るため試掘調査の実施を予定している」と公表した日本企業でもある。

INPEX側は2016年05月段階で、頻繁な設計変更などにより引き渡し時期の延期が続いたため、「工事現場の非効率が深刻に懸念される」という意見表明している。大宇造船海洋の無理な受注が招いたツケでしかない。INPEXが求めている損害賠償請求の金額は、大宇造船海洋の自己資本の50%以上となる。

関連記事

[ 2022年08月07日 08:40 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp