韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  日本政治 >  岸田首相、内閣改造の際「旧統一教会」との関係問う

岸田首相、内閣改造の際「旧統一教会」との関係問う

岸田文雄首相が10日に予定されている内閣改造と自民党役員人事で「世界平和統一家庭連合」(旧統一教会)との関係を基準にすると述べた。党内最大派閥の「安倍派」(清和政策研究会)は安倍晋三元首相の突然の死亡で求心点を失ったうえ、旧統一教会と関係があった事実が明らかになり、困難な境遇に追い込まれることになった。同派閥に属する安倍元首相の実弟、岸信夫防衛相は交代が有力視されている。

読売新聞は7日、「岸田首相が内閣改造・自民党役員人事を行う方針を正式に表明した。10日に行う考えだ」と報じた。岸田首相は6日、広島平和記念公園で開かれた「原爆死没者慰霊式及び平和祈念式」への出席後の記者会見で、「新型コロナウイルス対策やウクライナ事態、台湾情勢への対応など、様々な課題を考えると、新しい体制を早くスタートさせたいと常々思っていた」と述べた。

そして、旧統一教会との関係を今回の人事の基準として提示した。岸田首相は「新たに指名される閣僚や副大臣、現職閣僚なども該当団体との関係を確実に点検し、結果を明らかにしてもらう。その上で、適正な形で見直すよう指示したい」と述べた。岸田首相は自分と旧統一教会との関係については「私が知る限り関係はない」と強調した。

スポンサードリンク
朝日新聞は「首相が掲げた教団をめぐる人事の基準には、教団と関係する議員が多いと政権内でいわれている最大派閥・安倍派の処遇をにらんでいるとの見方も出る」と報じた。「教団に関係した議員は人事で外す」という情報が流れており、安倍派内でも「首相が今回の人事をきっかけに、『安倍派支配』から抜け出そうとしている」という見方が多いという。

首相としては、旧統一教会と関係がある閣僚を解任して支持率を引き上げると共に、「安倍派」の影響力を弱体化できるチャンスを得たわけだ。自民党内の穏健派を代表する岸田首相とタカ派を代表する安倍派は、外交・安保だけでなく国内政策でも指向するところが大きく異なる。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/44229.html

2022-07-14-k002.jpg

日本メディアは安倍元首相の警備の手抜きを大きく指摘しない。SPは不足し背後はがら空き状態というのは大きな問題だが…。「旧統一教会」との関係も重要だが、前総理が射殺された現状打開の解決策はいまだ出てこない様では、国の安全など守れないのではないか…。

岸田政権もそろそろ、国民が納得するだけの行動力一つ、二つは欲しいが…。 私がLG電子の前身となる金星社の会長と会食した時には、SPは10人もいたが…。

関連記事

[ 2022年08月08日 07:56 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
憲法改正には、党内方針統一、公明党と調整、
台湾緊張は追い風になる。
憲法以前に、岸田政権は党内統制強化が必要で、
統一教会問題は色分け手段の一つになる。
[ 2022/08/08 21:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp