韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  中国 >  EVバッテリーは充電せずに交換、中国“NIO”の戦略は成功するか

EVバッテリーは充電せずに交換、中国“NIO”の戦略は成功するか

ヨーロッパ進出を宣言した中国電気自動車メーカー「NIO(上海蔚来汽車)」の交換式バッテリー戦略が一体型方式を乗り越え、世界標準の位置を確立できるのだろうか。中国政府が交換式バッテリーインフラの構築に速度を上げているなかで、この方式が世界標準としての位置を確立すれば、韓国国内の自動車・バッテリー企業が中国の技術標準に従属することになりかねないと憂慮されている。携帯電話のバッテリーが一体型になったように、EVもバッテリー性能が向上し、交換式は大勢に位置できないだろうとの展望も出ている。

7日EV業界によれば、今月初めに中国のEVメーカー「NIO(ニーオ)」は、ヨーロッパ市場進出のための最初の工場をハンガリーのペストに建設すると明らかにした。NIOは交換式バッテリーを採択した代表的なEVメーカーだ。この会社は、石油企業のシェルと共に中国とヨーロッパ諸国にバッテリー交換所を建設する目標を発表した。今年5月、ノルウェーに交換所を設置し、2025年までに中国とヨーロッパに交換所4千箇所を構築する計画だ。

NIOのEVは、バッテリーを充電する必要がなく交換所で交換できる。交換所の前に車両を駐車し、充電ボタンを押せば自動運転で車両が交換所内に入る。自動車整備工場で車両の下部を整備するために持ち上げるように、交換所の機械も車両をそっと持ち上げ使い切ったバッテリーを取り外し完全充電されたバッテリーを設置する。この一連の過程は全自動で行われる。

スポンサードリンク
バッテリーの交換に要する時間は5分以内だ。NIO側は「放電された交換用バッテリーを再充電するには20~30分程度かかる。交換所一カ所で14個のバッテリーパックで一日合計312回交換できる」と説明した。NIOは2018年5月、中国でバッテリー交換所を初めて設置した後、今年7月までに中国だけで1千箇所の交換所を設置し稼動中だ。

交換方式には別の長所もある。車両購買価格の下落だ。NIOの主力モデルであるスポーツ実用車(SUV)ES6は、車両価格の約40%に達するバッテリー価格(約2万ドル)を除いた金額で購入できる。100kWhのバッテリーは月224ドル、70kWhのバッテリーは月148ドルで使用できる。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/44225.html

2022-08-08-k001.jpg

中国NIO(上海蔚来汽車)の充電サービス部門であるNIO Powerは2022年7月29日、ハンガリー・ペシュトのNIO Power Europe工場が9月に操業を開始すると発表した。約1万m2の新工場は、NIOの最初の海外工場であり、電力製品の生産と、サービスおよび研究開発の拠点として機能する。主な業務は、電池交換ステーションの設置とアフターサービス、欧州での電力事業のトレーニング、電力製品の研究開発などとなる。

NIOは充電式の電気自動車(EV)だけでなく、電池交換可能なEVを生産、販売している。電池交換式の利点は、電池の交換時間が短いため、出先での電力補充が容易なことだ。しかし、欧州で販売されているEVはほとんどが充電式であり、電池交換用のステーションが少ない。NIOは、電池交換ステーションの新設やサービス事業を手掛けることで、電池交換式EVの普及を狙う。

関連記事

[ 2022年08月08日 08:03 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
これは革新的な自動車販売方式になりますね。
電池をサブスクにして、本体からはずす。
電池なしでは動かないから、売るときの最初の
電池は貸付でしょう。

業界には自動車そのものをサブスクにする方式がある。
トヨタが始めた。"KINTO" 「面倒丸投げ」と訴求する。
[ 2022/08/08 21:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp