韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  中国の反発への解決策は? 韓国政府の「チップ4」参加方針に神経尖らせる韓国企業

中国の反発への解決策は? 韓国政府の「チップ4」参加方針に神経尖らせる韓国企業

韓国政府が米国主導の半導体サプライチェーン協議体「チップ4」の予備会議に参加する方針を決めたことで、サムスン電子とSKハイニックスなど半導体メーカーが政府の対応戦略に神経を尖らせている。政府は「性格、議題、形式のどれもまだ決まっていない」と述べているが、中国の反発に伴う余波を避けられないと見ているためだ。

サムスン電子やSKハイニックスなど、国内半導体メーカー各社は、チップ4への参加について、立場表明を控え、政府の対応を静観している。匿名希望の半導体業者関係者は8日、本紙との電話インタビューで「半導体はもう個別企業がビジネス戦略のレベルで扱うイシューではない。米中技術覇権争いに加え、国家レベルで経済安全保障戦略の勝負所になった。様々な可能性と各国の動きを注視しているが、企業レベルの対応策を取り上げる時点ではないと思う」と語った。今は政府の戦略的選択および対応戦略が優先だということだ。

SKグループのチェ・テウォン会長も先月米国を訪問し、特派員たちと行って懇談会で、チップ4への参加と関連して「これは私たちが行うのではなく、政府や他の所でもこの問題をよく扱うと思っている。そこでも一緒に議論され、私たちにとって最も有利な方向に選択せざるを得ないのではないかと思う」と述べ、企業レベルの対応の限界をうかがわせた。

スポンサードリンク
中国は韓国のチップ4参加に強い反対の意思を明らかにしてきたが、直ちに半導体部門で対応に乗り出す可能性は低いと見られる。産業研究院のキム・ヤンパン専門研究員は「中国は韓国と台湾産半導体を輸入して電子製品を作って販売しなければならない。韓国産半導体の輸入を禁止したり、中国内の韓国半導体工場に制裁を加えれば、結局自国産業が同時に大きな被害を受ける構造であるため、それが選択肢になることは考えにくい」と話した。キム研究員は「ただし、(THAADをめぐる軋轢のように)中国に依存している他の製品に対して韓国への輸出を禁止する可能性はある」と指摘した。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/44243.html

2022-08-08-k002.jpg

韓国政府は米国が主導して韓国・日本・台湾が参加する半導体サプライチェーン協議体「チップ4」の予備会議に参加するという意思を最近米国側に伝えたと大統領室関係者が7日に伝えている。今回の会議ではチップ4の細部議題や参加水準などを具体的に議論する予定であり、協議体の名称自体も議論の対象になるものとみられる。政府はその間「チップ4」が排他的な意味を持つ「同盟」という表現よりは「半導体サプライチェーン協力対話」という言葉を使ってきた。

また、政府は今後予備会議議論の過程で特定国家を排除しない方向で半導体サプライチェーンの協力を推進しなければならないという意見を提示するものとみられる。 また台湾の「チップ4」参加の問題も敏感な事案だ。中国は台湾が国際舞台で正式国家として認められることに強い拒否感を見せてきたので、台湾の参加が現実化する場合、激しく反発するものと予想される。

関連記事

[ 2022年08月09日 07:31 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
中国の反発への対処は簡単
韓国が米国主導の半導体チップ4に参加する事に強く反発している、この事に対して中国の反発への対処は簡単である。
中国、韓国、ロシアのチップ3を形成すれば良い。
こちらは韓国抜きで米国、日本、台湾のチップ3で突き進めば良いので。
[ 2022/08/09 10:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp