韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  日本経済 >  日本の自動車メーカーの7月の販売台数が再び大幅下落

日本の自動車メーカーの7月の販売台数が再び大幅下落

2022年8月6日、中国の自動車関連メディア・易車に、日本の自動車メーカーの売り上げが7月も不調だったとする記事が掲載された。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表したデータで、7月の日本国内の新車販売台数が34万9335台で前年同期比7.4%減少し、13カ月連続で前年同期比減となったことを伝えた。

また、日本メーカーは米国市場でも低調で、7月の米国における新車販売台数が21万3505台と同29.3%減少し、トヨタ、ホンダ、マツダ、スバルの大手4社がいずれも2桁の売上減になったと紹介。特にホンダは同47.4%元の7万1235台で、4社中で最も大きく販売が落ち込んだとしている。

その上で、日本メーカーが日本市場と米国市場で新車販売数を減らしている理由として、世界の半導体不足などによるサプライチェーンの混乱により生産が制限されていることを複数のメーカーが挙げていると伝えたほか、半導体以外にも新型コロナの影響、部品の供給困難なども日本メーカーの自動車生産の足かせとなったと説明。

スポンサードリンク
今年に入って日本メーカーでは生産停止や減産が相次いでおり、生産能力の制約による新車販売への影響がますます顕著になっていると指摘した。日本メーカーは現在もなお工場の生産停止や減産の問題から脱出できていないため、新車販売状況の見通しも依然として不透明だと伝えている。
https://www.recordchina.co.jp/b899113-s25-c20-d0193.html

2014-02-10-toyota.jpg

日本メーカーが日本市場と米国市場で新車販売数を減らしている理由として、世界の半導体不足などによるサプライチェーンの混乱により生産が制限されていることを複数のメーカーが挙げていると伝えたほか、半導体以外にも新型コロナの影響、部品の供給困難なども日本メーカーの自動車生産の足かせとなったとした。今年に入って日本メーカーでは生産停止や減産が相次いでおり、生産能力の制約による新車販売への影響がますます顕著になっている。

中国における2021年の乗用車(セダン系+SUV)販売台数ランキング。
1位/日産 シルフィ…500,160台
2位/上汽通用五菱 宏光 MINIEV…426,484台
3位/フォルクスワーゲン ラヴィダ…393,496台
4位/ハヴァル H6…370,438台
5位/トヨタ カローラ…321,912台

米国のおける自動車販売は、主要メーカー別にみると、テスラとフォード以外のメーカーが前年同期比減となった。シェアでは、ゼネラルモーターズ(GM)がトヨタを上回って5四半期ぶりの首位となったが、前年同期と比べると15.4%減の57万8,639台。同社の販売台数については、スポーツ用多目的車(SUV)「トラバース」やピックアップトラック「シルバラード」などが押し下げ要因となった。

次いで、トヨタが22.9%減の53万1,105台で、SUV「ハイランダー」や乗用車「カムリ」の落ち込みが影響した。フォードは1.8%増の48万558台で、SUV「ブロンコ」やピックアップトラック「マーベリック」などが好調だった。ステランティスは15.8%減の41万225台、ホンダは50.7%減の23万9,789台、現代は21.1%減の19万8,136台、日産は38.6%減の18万3,171台。

起亜は16.8%減の18万2,146台となっている。そうした中、電気自動車(EV)メーカーのテスラは前年同月比88.7%増の14万3,875台と大幅に伸び、スバル(18.3%減、13万1,449台)、フォルクスワーゲン(VW)(32.4%減、12万7,694台)を上回り、メーカー別シェア第9位に浮上した。

関連記事

[ 2022年08月09日 08:08 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
自動車部品メーカーを日本に回帰さすべき
中国で自動車部品を作って日本で組み立てる時代は終わったと理解すべきです。
部品メーカーも国内回帰させて中国のロックダウンに左右されない様に体制を立て直すべきです。
[ 2022/08/11 09:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp