韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  韓国が米国の対中「半導体戦争」の弱点に

韓国が米国の対中「半導体戦争」の弱点に

2022年8月10日、鳳凰網は、米国の対中「半導体戦争」の弱点が韓国だとする文章を掲載した。

文章は、韓国外相の訪中やバイデン米大統領による半導体産業支援法案、いわゆる「CHIPS法」への署名により、東アジアの半導体産業を取り巻く「大戦」がクライマックスの段階に入ったとした上で、米国の半導体戦線における脆弱なセクションが韓国であると紹介。半導体産業が経済を支えてきた韓国がその分野で徐々に実力を落としていることを意識し、尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領やサムスングループ経営トップの李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が「命懸け」、「死ぬか生きるか」という言葉を使って自国の半導体産業振興戦略に取り組んでいるからだとした。

また、米国が主導する日、米、韓、台の半導体産業協力枠組み「チップ4」について、中国を含むその他の集団の利益を損ねることにつながるため、米国内部でも意見が割れていると指摘。また、韓国の半導体産業は生産、供給、販売いずれにおいても中国に大きく依存しており、韓国世論の大部分は米中間でバランスを取った外交を求めていると伝え、どっちつかずな韓国が「チップ4」に加盟しても組織としてまとまらず、空洞化を招くことになり、結局日本と米国のみによる半導体同盟へと萎縮しかねないと論じている。

スポンサードリンク
さらに、米国は「CHIPS法」で半導体企業に非常に手厚い補助金を与える姿勢を示したものの、この法案をめぐっては民主、共和の両党や、半導体メーカーが長期間足を引っ張りあい、度重なる利益の取り引きや圧力によってようやく成立した経緯があると解説。

また、韓国の半導体大手は米国での巨額投資計画を打ち出す一方で、SKハイニックスは「米政府から補助金を受ける企業は向こう10年間、中国での28ナノメートル未満のプロセス技術に投資してはならない」という条項に強く反対し「中国を捨てる選択肢はない」との意向を示しているとし、巨額の補助金を受け取る見込みで「CHIPS法」最大の勝者と目されるインテルを除き、各企業は高い確率で補助金を得ずに様子見するだろうとした。
https://www.recordchina.co.jp/b899321-s25-c20-d0193.html

2022-08-08-k002.jpg

韓国経済の中核とされる半導体市場は、著しい外形的成果を上げているにもかかわらず、危機論が絶えない。人材や技術、材料・部品・装備など産業の基盤を成す環境全般が脆弱であるとみられている。韓国政府が税制支援の強化や工場容積率の緩和、人材育成案をはじめ、多様な半導体産業育成対策を打ち出したのも、そのためだ。

技術格差の面でも危機感が広がっている。メモリー市場では激しい競争のため地位が弱くなり、非メモリー分野で先導国に遅れを取った状態がそのまま続いている。非メモリー半導体(ファブレス、ファウンドリー、後工程)市場での韓国のシェアは、2021年基準で3.0%水準だ。設計専門ファブレス分野が特に弱いとされる。

政府の対策で電力、自動車用、人工知能(AI)など3大次世代非メモリー半導体に対する大々的な支援を通じて非メモリー半導体市場占有率を2030年までに10%に高めるという目標を掲げたのは、このような状況を反映したものだが、半導体産業の土台を成す材料・部品・装備分野の競争力が落ち、特定の国への依存度が高いという状況も、韓国の半導体産業の弱点となる。

関連記事

[ 2022年08月12日 08:02 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
ハイテクといっても、所詮半導体は部品だから、
使う側の景況に支配される。
中国が伸びるとみるなら中国へいけばいい。
中国市場にも伸びしろはあるだろうが、中国は国内メーカ
育成の都合がある。
[ 2022/08/12 12:19 ] [ 編集 ]
サムスンの半導体工場がある西安市はコロナでロックダウンだから、
サムスンは中国投資どころではなくて、いかに生産維持するかが問題。
中国メディアは「韓国が弱点」というが、サムスンにとっては中国が
弱点なのが実態だろう。
[ 2022/08/12 15:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp