韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  国際 >  アップルは昨年9月にトヨタ関係者と接触、最速で2024年デビューか

アップルは昨年9月にトヨタ関係者と接触、最速で2024年デビューか

米・アップルは、現在もフルエレクトリックモデルの開発を継続しているとみられますが、新たな情報が報道されています。Automotive News誌によると、ランボルギーニ勤続20年のベテランであるLuigi Taraborrelli氏をアップル社に迎え入れ、このプロジェクトを進めているといいます。

Linkedinプロフィールページによると、同氏は2008年以降ランボルギーニのシャーシ、および車両ダイナミクスの研究開発責任者を務めている大物で、車両のサスペンション、ステアリング、ブレーキ、および運転支援システムなど、かなり重要な開発に携わっています。アップルは2021年、自動車製造を行うパートナーを探していると報道、韓国ヒョンデとの交渉が噂されていましたが決裂。その後は、日産との関係が取り沙汰されました。さらに昨年9月には、トヨタ関係者と接触が噂されていましたが、関係は途切れたのか、継続しているのか注目されます。

予想CGを提供してくれたのは、デザイナーのPeisert Design社です。フロントエンドには、これまでのクルマのデザインを覆すスリムなLEDバーを装備、複雑なパターンを持つグリルやホイールも特徴的です。

スポンサードリンク
調べでは、市販型アップルカーは、バッテリーの材料を保持するためのポーチやモジュールを必要としない先進的バッテリー技術「モノセル」を備える可能性があり、これはより小さいパッケージで、より多くの活物質をおさめることが可能になるはずです。また、従来のリチウムイオン電池よりも加熱しにくいリン酸鉄リチウムの使用を検討しているという情報もあり、これらが実現すれば、同社にとってiPhone以来の革命になるでしょう。

キャビン内では、完全な自立運転が採用されるとも伝えられていますが、ステアリングホイールとペダルを装備している可能性は高いようです。果たしてアップルカーの登場はいつなのか、現段階の最新予想では、2024年後半から2025年前半と予想されています。
https://clicccar.com/2022/08/05/1208605/

2022-08-15-k002.jpg

昨年アップルは新型エレクトリックモデルを開発しているが、現在トヨタ関係者と接触している。2020年末に自動車プロジェクトを再開して以来、アップルは多くの自動車メーカーやサプライヤーと話し合いを持ち、市場へ投入を目論んでおり、同社はここ数週間で「パナソニック」、「LG」、「Samsung」、「SK Innovation」などと交渉していることがわかっている。ここだけを見ればアップルがバッテリー供給に関して交渉が進められているようだが、昨年数ヶ月で日産、マグナ、ヒュンダイとも接触しており、バッテリーだけでなく生産パートナーを探している可能性もある。

市販型アップルカーは、バッテリーの材料を保持するためのポーチやモジュールを必要としない先進的バッテリー技術、「モノセル」を備える可能性が噂されている。これはより小さいパッケージで、より多くの活物質が可能になる。また往来のリチウムイオン電池よりも加熱しにくいリン酸鉄リチウムの使用を検討しているとも伝えられている。これらが実現すれば、同社にとってiPhone以来の革命になる。

関連記事

[ 2022年08月15日 13:48 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(2)
トヨタとアップルなら買うしかなさそう。
アイオニックで自宅近隣を火の海にする訳にもいかないからな。
[ 2022/08/16 10:49 ] [ 編集 ]
落ち目のアップル、売り物がない。食いかけのリンゴは食い終わったリンゴになってしまった。

米国政府が掲げる半導体崛起政策にかかわることができず、次の食い扶持ちに電気自動車に目をつける。テスラの二番煎じだが、まあナントかなるだろうと考えた。

自動車方面の技術がないくせに…金だけはある。札束見せつけてアップルブランドカーを作ればたちまち売れると…世界中の自動車メーカーに声をかけたがなしのつぶて。アップルは大恥かいたw。

パソコンで一世を風靡したかもしれないが、今やスマートウオッチの会社だ。じり貧。どこの自動車メーカーもアップルの下請けなどやるわけがない。札束は逆効果、轟沈。

電気自動車・水素自動車は未来産業として各国政府が莫大な支援をしている。そんなところにアップルが赤の警告灯を派手に回しながら警告!警告!とアナウンスしながらやって来たww。馬鹿の極み。

アップルは各国政府から泥棒・危険な企業と認定されたね。未来先端産業はおいそれと踏み入ることは許されない。アップルは各国政府に喧嘩を売った形、もう、スマート時計で生きていくしかない。

どうしても電気自動車に参入したかったらテスラにひざまずいてテスラのブランド車を販売するしかない。
[ 2022/08/18 12:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp