韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  「K-防衛産業」の輸出拡大に隠された武器の陰

「K-防衛産業」の輸出拡大に隠された武器の陰

先月27日、ポーランドがK2戦車980台やK9自走砲670門、FA50軽攻撃機48機など、韓国産兵器購入の基本契約を結んだと発表した。輸出金額の規模は具体的な本契約条件により変わるだろうが、少なくとも10兆ウォン(約1兆円)台以上であり、武器導入以後の中長期後続軍需支援まで合わせると、最大30~40兆ウォン規模と推算される。国産単一兵器輸出契約としては過去最大規模だ。

LIGネクスワンは今年初め、アラブ首長国連邦(UAE)に35億ドル規模の国産迎撃ミサイル「天宮2」の輸出契約を結んだ。これまで天宮2が国産兵器輸出契約では最大規模だったが、半年ぶりにポーランドへの防衛産業輸出によってその記録が塗り替えられた。同社は昨年12月オーストラリアとK9自走砲輸出契約を結び、今年2月エジプトとも2兆ウォン以上のK9自走砲などの輸出契約を締結した。

大規模兵器輸出が続き「K防衛産業」という新造語まで登場した。最近の傾向が続けば、現在世界兵器輸出8位の韓国が世界5位になるだろうという見通しも示されている。防衛産業界では国産兵器の優秀な性能や米国と欧州の兵器に比べて高いコストパフォーマンス、迅速な供給能力で適時に納品が可能で現地生産も可能だというなどを輸出の成功要因に挙げている。

スポンサードリンク


冷戦が終わった後、欧州などの軍事強国は戦車と自走砲のような通常兵器を大量生産する必要がなくなった。しかし、韓国は北朝鮮の脅威に備えて、このような兵器を大量生産する防衛産業体制を維持している。ロシアの脅威に対抗してポーランドが望む兵器を大量生産し、早く供給する産業力量を備えた国が韓国だ。「冷戦の遺物」と考えられていた韓国の防衛産業が力を発揮したのだ。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/44299.html

2022-08-16-k003.jpg

K9は2021年12月の時点で、フィンランド、ノルウェー、インド、エストニアの4か国に採用されており、エジプトとも輸出に向けた話し合いが進められています。トルコでは技術移転により国産化されているほか、K9そのものではありませんが、ポーランドが導入した装軌式自走砲「クラブ」にはK9の車体が使用されている。

冷戦が終結した1990年代前半から約30年間に渡って、アメリカや西ヨーロッパ諸国の装甲車両メーカーは装軌式自走砲の新規開発をほとんど行ってこなかった。このためK9が諸外国からの需要に応じられる数少ない自走砲であったことも、世界市場でのシェアを獲得できた理由の一つ。


関連記事

[ 2022年08月16日 08:14 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp