韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国政治 >  時間を稼いだ徴用賠償問題、前政権と現政権が共同で解決せよ

時間を稼いだ徴用賠償問題、前政権と現政権が共同で解決せよ

韓国大法院(最高裁判所に相当)は19日、日帝強占期の徴用問題で日本企業が韓国国内に保有する資産の現金化判断を先送りした。日本企業による再抗告を審理なしに棄却し、現金化を命じた判決の確定期限を先送りしたのだ。大法院はその理由を公表していないが、韓日関係が破綻する前に韓国政府が解決策を模索できる時間的猶予を与えたと考えられるだろう。徴用賠償問題は直接的には4年前の大法院判決から始まったため、今回も責任ある判断と言えるだろう。

日帝による徴用は、日帝の支配と統治を不法とみなす韓国の立場からすれば、不法だ。そのため被害を受けた韓国国民は、不法に加担し利益を得た日本企業に対して賠償を求める権利を有する。しかし1965年の韓日国交正常化当時の請求権協定により、韓国は日本から有償無償で5億ドル(現在のレートで約680億円)の経済協力基金を受け取り、国と国民の請求権問題は完全かつ最終的に解決したことを約束した。日本はこの条項を根拠に「大法院が賠償を命じた決定は韓国国内で解決すべき問題」と主張している。

スポンサードリンク
「この問題は57年前の協定の一行で全て終わった」とする日本の主張は受け入れられない。しかし国民の請求権まで解決したと約束した韓国政府もその責任から逃れられない。大法院が賠償を命じた最終判決は2018年に出たため、本来なら当時の文在寅(ムン・ジェイン)政権が解決すべきだった。しかし文在寅政権は責任から顔を背け、「竹槍歌」などに言及して反日感情を刺激し、これを政治に利用することで合理的な議論を妨害した。
https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/08/22/2022082280003.html

2022-08-22-k006.jpg

日本の戦犯企業である三菱重工業が「韓国内の資産を売却し、強制動員被害者に損害賠償金を支払うべきか」に対する韓国最高裁の判決は、審理不続行棄却(本案審理なしに事件を棄却すること)の可否を判断する期限の19日までに出てこなかった。韓日関係に及ぼす波紋を考慮して最高裁決定に神経を尖らせてきた韓国政府としては時間を稼いだわけだが、強制徴用被害者が待つ時間もその分長引くことになった。

審理不続行の可否を判断する期限(4カ月)が過ぎ、今後本案審理に入って判断するという意味。最高裁が本案審理を経て再抗告棄却で被害者たちに軍配を上げることもありうるが、最高裁がいつこのような決定を下すかは分からず、事件は長期化する可能性が高くなった。外交部は最高裁に「合理的な解決方案を模索するために緊密な外交協力を持続している」とし、判決を保留してほしいという趣旨の意見書を出したことで論争が起きた。

関連記事

[ 2022年08月22日 08:09 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
国の最高裁判所がトンズラだから、内政担当であってかつ、
外交担当の政府に責任がもどった格好。
日韓疎遠になるが、それでもよしと、政経各方面は準備済。

今は言いっぱなしで済む状況だから、日韓トンネルとか出てくる。
[ 2022/08/22 15:27 ] [ 編集 ]
本題は、日韓通貨スワップで、いまはその前段階。
最近行われた日韓外相会談でもジャブの打ち合いのようだ。

韓国外相「韓国を輸出管理優遇措置対象国である「ホワイトリスト」に復帰させろ」
日本外相「ダメだ」
[ 2022/08/22 15:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp