韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国「貿易赤字」、ドイツ・日本も赤字は共通現象

韓国「貿易赤字」、ドイツ・日本も赤字は共通現象

韓国は8月に入っても輸入増加額が輸出増加幅を大きく上回り、5カ月連続で貿易赤字が続いている。専門家は、貿易規模が大きくなるにつれ統計的錯視と輸入増加型の赤字という構造的要因に留意する必要があると診断する。

22日、韓国関税庁の集計によれば、8月に入り20日までの輸出額(通関基準)は334億2400万ドルで、昨年同期より3.9%増えた一方、輸入額は436億4100万ドルで22.1%増加した。輸入増加率が輸出増加率を大きく上回り、貿易収支は102億1700万ドルの赤字を記録した。昨年同期(35億7900万ドル赤字)はもちろん、今月1~10日の赤字規模(76億7700万ドル)より大きくなった。今年の貿易収支は今年1月に続き、4~7月まで4カ月連続で赤字を記録中だ。

品目別に見れば、主力輸出品である半導体が7.5%減少した。今月の半導体輸出が昨年同期より減少すれば、月間基準で2020年6月以来2年2カ月ぶりのこととなる。対中国の半導体貿易収支は先月まで3カ月連続赤字を記録したが、8月に入っても6億6700万ドルの赤字を記録している。

スポンサードリンク
輸入増加率は昨年6月から14カ月連続で輸出増加率を大きく上回っている。3大エネルギー源である原油(72億4400万ドル)、ガス(31億800万ドル)、石炭(21億3600万ドル)の合計輸入額が124億8800万ドルに達する。昨年同期(73億100万ドル)より71.0%増加した数値だ。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/44358.html

2014-04-09-wa.jpg

日本の輸出総額は 2021 年度比2.5%増の 85 兆9,840 億円となる。内訳は、輸出数量が同2.3%増加、輸出価格が同0.2%上昇。2021 年度に大幅に拡大した輸送用機器、一般機械、電気機器などの輸出が安定的な増加傾向。輸入総額は 2021 年度比0.9%増の 87 兆8,520 億円となる。内訳は、輸入数量が同2.6%増加、輸入価格が同1.6%低下。原油や石炭、鉄鉱石などの価格下落で鉱物性燃料や原料品が 2021 年度比で減少に転じる。通関貿易収支は 1 兆8,680 億円の赤字と、2 年連続の赤字を計上するも、赤字幅は大きく減少する。

また経常収支黒字は16兆2,520億円に縮小する。輸出を上回る輸入の増加により、貿易収支黒字は2020年度の3 兆9,020 億円から 4,280 億円へ大きく縮小する。また、新型コロナの影響により、訪日外国人の消費(いわゆるインバウンド消費)の低迷が継続し、サービス収支赤字は 2020 年度の 3 兆6,640 億円から 3 兆8,400 億円に拡大する。第一次所得収支黒字は、世界的な経済回復に伴う投資収益の改善を受けて、2020 年度の 20 兆 7,720億円から拡大し、22 兆2,150 億円となる。

2022 年度は経済正常化などで輸出が 85 兆9,840 億円、輸入が 87 兆8,520 億円となり、いずれも過去最高額の予想。輸出入が安定的な増加傾向に転じ、貿易収支も均衡に近づく見通し。輸入は資源価格に左右される可能性があるが、輸出は主要国の景気回復に伴い、主力の自動車などの輸送用機器や半導体などの電気機器を中心に、多くの品目で増加を見込む。

関連記事

[ 2022年08月23日 08:02 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp