韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  「生産量ゼロ」韓国の危機感も高まる、2年間15倍も値上がりしたLNG

「生産量ゼロ」韓国の危機感も高まる、2年間15倍も値上がりしたLNG

スポンサードリンク


国際液化天然ガス(LNG)の価格が下半期に入ってさらに急激な上昇傾向を示している。ロシア産天然ガスの供給縮小の影響で「エネルギー安全保障」の危機感も広がっている。韓国ガス公社とエネルギー大手は需給に大きな問題はないと自信を示しているが、エネルギー安全保障のレベルで、エネルギー自立のための中長期対策作りが急がれるという声が高まっている。

23日、韓国と日本がLNG価格の指標とするJKM(Japan Korea Marker)の推移を見ると、LNG価格は7月21日、1mmBtu(百万英国熱量単位:25万キロカロリーの熱量を出すガス量)当り38ドルから今月22日には61ドルに値上がりした。1カ月で60%上昇しており、2020年の平均価格の3.8ドルに比べると、16倍上がったわけだ。

ただし、需給問題はまだない。LNGを直輸入するある企業関係者は「現物市場価格が急騰したが、中・長期契約で調達してきたため、大きな問題はないと思う」と語った。 韓国ガス公社関係者は「LNGは常に冬季在庫量が多く必要だ。年月単位で見通しと対応を行い、告示に定められた備蓄義務量(9日)以上を維持している。ただし、最近の国際ガス価格など環境が容易ではない」と明らかにした。

スポンサードリンク

天然ガス価格が急騰したのはロシアとウクライナ戦争の長期化でエネルギー供給・需給網がまともに作動していなかったためだ。米国と欧州連合(EU)がロシア制裁に乗り出したことを受け、ロシアはEU側に送っていた天然ガスのパイプラインを閉めており、冬が近づくにつれ状況はさらに悪化している。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/44372.html

2022-08-24-k002.jpg

韓国の貿易収支が8月1-20日に100億ドル以上の赤字を記録したのは、10大輸出品目のうち半導体、無線通信機器、コンピューターなどIT品目の輸出額が急減したのに対し、3大エネルギー(原油・ガス・石炭)の輸入額が大幅に増えたためだ。対中輸出不振とエネルギー輸入急増という二重苦が続く中、韓国の輸出全体の20%を占める半導体輸出にも赤信号が灯った。

韓国関税庁によると、代表的な輸出品目である半導体の輸出は62億7100万ドルで、前年同期に比べ7.5%減少した。8月1-10日時点での減少幅(5.1%)からさらに拡大した。今月末までに半導体輸出額が急激に増えない限り、コロナ初期の2020年6月(0.03%減)以来初めて、半導体輸出額が減少することになる。

国際エネルギー価格の急騰でエネルギー輸入額が大幅に増加したことも貿易収支赤字の要因となった。2月のロシアによるウクライナ侵攻以降、供給不安となった国際エネルギー価格は上昇傾向が続いている。北東アジア地域の液化天然ガス(LNG)価格は、今年第1四半期のMMBtu(英国熱量単位)当たり31.2ドルから第3四半期には36ドルへと値上がりした。20年第3四半期の2.37ドルに比べ約15.2倍に上昇したことになる。



関連記事

[ 2022年08月24日 07:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp