韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国社会 >  韓国の高齢化の速度は日本を超える

韓国の高齢化の速度は日本を超える

スポンサードリンク


韓国統計庁が発表した最新の人口調査結果によると、2021年11月1日現在の韓国の総人口(外国人を含む)は5173万8000人で、前年比0.2%(9万1000人)減少した。総人口の減少は1949年に人口調査を開始して以来初めて。

韓国統計庁の見通しによると、2070年の総人口は3766万人に減少し、15~64歳の生産年齢人口は現在の3700万人台から1700万人台まで減少する。韓国の総人口減少の主因は、合計特殊出生率(女性1人が生涯産むと予想される平均出生数)が世界最下位水準であることだ。韓国人口保健福祉協会が国連人口基金(UNFPA)と共同で発刊した「2022年世界人口現況報告書」によると、韓国の合計特殊出生率は1.1で世界198位。3年連続で世界最下位だ。

国連の定義によると、人口が横ばいで推移する合計特殊出生率は2.1。同報告書によると、日本の出生数は毎年減少しているが、2021年の合計特殊出生率は1.28で韓国より高い。2021年の韓国の総人口に占める幼少年(0~14歳)の割合は11.8%で、前年から0.3ポイント低下。65歳以上の高齢者人口の割合は前年の16.0%から16.8%に上昇した。2005年は幼少年の割合が19.0%、高齢者の割合は9.2%だった。

スポンサードリンク

韓国の平均年齢は2020年の42.9歳から昨年は43.5歳に上がった。老齢化指数(幼少年人口100人当たり、高齢者人口の割合)は2020年の132.5から昨年は143.0に上がった。生産年齢人口100人当たりで扶養しなければならない高齢者は2020年の22.2から昨年は23.6に上がった。韓国では4年以内に65歳以上の高齢者の割合が人口の21%を超える「超高齢社会」を迎える。亜細亜大学の大泉啓一郎教授は、韓国の高齢化率は2050年に日本を上回る見込みだとしている。
https://www.recordchina.co.jp/b899977-s39-c30-d0192.html

2022-08-25-k001.jpg

韓国では2025年にも人口全体に占める65歳以上の割合が20.6%に達し、「超高齢社会」を迎える。高齢化の速度は日本を上回るスピードで、生産年齢人口(15~64歳)の急減により経済成長の土台も揺らぐ。21年の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子供の数、暫定値)は世界最低の0.81で、人口減少の抜本的な改善策はまだ見当たらない。

韓国統計庁によると、65歳以上の人口数は現在の870万人から25年には1,000万人に上り、全人口の5分の1が高齢者で占められる見通しだ。朝鮮戦争後の1955~63年に生まれた「ベビーブーム世代」の約700万人が続々と引退を迎えるためだ。



関連記事

[ 2022年08月25日 07:37 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp