韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国社会 >  「生計危機世帯」に選ばれても半数は支援受けられず=韓国

「生計危機世帯」に選ばれても半数は支援受けられず=韓国

政府の福祉死角地帯発掘システムを通じて「危機世帯」に選定されても、その半数ほどは支援が受けられなかったことが明らかになった。特に基礎生活保障制度や次上位支援など安定的な公的支援まで受けたのは、危機世帯に選定された100世帯のうち3世帯しかなかった。21日、京畿道水原市(キョンギド・スウォンシ)の多世帯住宅(集合住宅の一種)で死んだ状態で見つかった母娘3人の悲劇が繰り返されるのを防ぐためには、福祉の死角地帯(需給漏れ層)の発見も重要だが、根本的には低所得層をさらに厚く支援しなければならないと指摘する声があがっている。

24日、与党「国民の力」の李鍾成(イ・ジョンソン)議員室と保健福祉部によると、今年に入って7月まで断水、断電、健康保険料の滞納など34の基準によって福祉死角地帯発掘対象者に選定された人は52万3900人に達した。

しかし、実際の支援が行われたケースは27万1102人(51.8%)に止まった。特に基礎生活保障制や次上位支援など貧困から抜け出す前まで安定的に支給される公的支援を受けた人は2.9%に過ぎなかった。政府の緊急福祉支援(1.2%)、福祉バウチャー(9.4%)など短期または一時支援だけを受ける人も少なくなかった。李議員は、「政府は福祉死角地帯発掘の実績ばかり強調していないで、安定的な支援ができる方策を講じなければならない」と話した。

スポンサードリンク
今年は福祉死角地帯の発掘件数も減少する見通しだ。政府の福祉死角地帯発掘システムによって支援を受けた人は、導入初年度の2015年(1万8318人)から昨年(66万3872人)まで着実に増えた。しかし、今年は7月まで27万人にとどまり、年末までは50万人前後に止まる見通しだ。
https://www.donga.com/jp/east/article/all/20220825/3594238/1

2022-08-06-k002.jpg

文前政権で緊急災難支援金支給として、4人家族基準で100万ウォンの支援を受ける対象は月の所得が712万ウォン(約63万円)以下の世帯で、世帯あたりの支給額は4人家族は100万ウォン、3人家族は80万ウォン(約7万円)、2人家族は60万ウォン(約5万3千円)、1人世帯は40万ウォン(約3万5千円)。企画財政部は約3600万人が該当するとした。

国家予算の補正予算で企業へ補てんし、さらに自国民に補填し続けるだけの予算は無い。国家予算の過半が外責であり、無視して対応するほどに政府負債の増加は加速する。貧弱な銀行では、国債対応はできなのが韓国となる。とは言え軍備や企業へ補てんし、企業では雇用維持に努め、特に造船業では船舶価格を下げて受注し、赤字覚悟の雇用維持政策が今も継続している。


関連記事

[ 2022年08月26日 08:12 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp