韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  円安が直撃、日本人観光客が消えた!!

円安が直撃、日本人観光客が消えた!!

2012-12-07-001.jpg

日本のゴールデンウィークと中国のメーデー連休が重なる5月初旬は韓国観光業界の書き入れ時だ。しかし、今年は円安で日本人観光客が激減し、例年のような「特需」は期待できそうにない。観光業界は、増加する中国人客が日本人客の減少分を埋め合わせてくれることを期待している。

スポンサードリンク
韓国旅行業協会によると、3月19日から4月15日まで業界上位の旅行会社19社が受け入れた日本人観光客は8万8122人で、前年同期比33.4%減少した。ロッテホテルの日本人宿泊客も昨年10月から先月まで前年同期比30%減少した。旅行業界の関係者は「円安と北朝鮮の核による脅威が解消されない限り、日本人旅行客はさらに減少すると予想される」と話した。

昨年6月に一時100円=1514ウォンまで円高が進んだ円相場は、23日には1133ウォンまで下落した。日本人客の韓国への旅行費用がそれだけ増加したことになる。

円安の影響でゴールデンウィーク効果も例年ほどではなさそうだ。韓国観光公社は今年のゴールデンウィーク期間(27日から5月6日まで)に韓国を訪れる日本人客を前年同期比10.9%減の11万4000人と見込んでいる。大手旅行会社ハナツアーの予約率は前年を50%も下回っているのが現状だ。

中国人客は増えている。大韓商工会議所によると、今年第1四半期(1-3月)に韓国を訪れた中国人客は前年同期比38%増の72万3000人だった。

メーデー連休を迎え、28日から5月1日までの期間に済州島への観光旅行を予約した中国人客は前年同期比48%増の約1万8000人に達した。同じ期間にハナツアーを通じ、韓国旅行を予約した中国人観光客も前年比69%増加した。済州-中国間の直行便も前年比14便増え、40便が運航される。年初来で中国人客による売り上げが約80%増えた現代百貨店のキム・ボファ課長は「先月まで外国人による売り上げに占める中国人の割合は46%だったが、メーデー特需以降は50%を超えるとみられる」とそろばんを弾いた。

(朝鮮日報)

[ 2013年04月24日 09:12 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp