韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  過去最大の貿易赤字で1ドル=1354.9ウォンで、13年4カ月ぶりの最安値

過去最大の貿易赤字で1ドル=1354.9ウォンで、13年4カ月ぶりの最安値

ウォン安ドル高が進み、ほぼ1ドル=1355ウォン台までウォン安が進んだ。ウォン安と景気低迷への懸念で株式市場も2%台下落し、大きく動揺した。

1日、ソウル外国為替市場でのドルに対するウォンの相場は、前日より17.3ウォン安の1354.9ウォンで取引を終えた。終値基準で2009年4月28日(1356.8ウォン)以来13年4カ月ぶりの最安値だ。先月29日に大きな変動(19.1ウォン安)を記録したのに続き、連日為替が大きく揺れ動いている様子だ。為替レートは同日、1ドル=1342.0ウォンでスタートしたが、取引序盤から急降下した。午前1350ウォンを突破した後、午後も全般的な下落傾向を続け、下げ幅を広げた。

午後一時は1355.1ウォンまでウォン安が進んだ。市場は同日発表された8月の貿易収支赤字規模がウォン安に影響したものと分析している。外国為替当局も最近のウォン安の原因の一つとして「貿易収支赤字の持続」を挙げている。貿易収支の赤字が続き、韓国国内のドル資金需給の不安が高まる一方、対主要6カ国通貨比のドル指数である「ドルインデックス」が上昇したことで、最ウォン安が急激に進んでいるという話だ。

スポンサードリンク
ドルインデックスは同日午前6時(韓国時間)まで108台後半から下落傾向を示したが、外国為替市場が開場した午前9時から再び上昇し、109を越えた。新型コロナウイルス感染症の再拡散で中国が再び都市封鎖に乗り出し、欧州の景気低迷の懸念が浮き彫りになった影響とみられる。市場では、グローバルなドル高が進み危険資産回避心理が大きく働いているのも為替相場の変動性を高める要因と分析した。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/44449.html

2022-09-02-k001.jpg

1日、ソウル外国為替市場で韓国ウォン相場は前日比17.3ウォン安(為替レート上昇)となる1ドル=1354.9ウォンで取り引きを終えた。取引中、1355.1ウォンまで押され、前日取引中に記録した今年の安値(1ドル=1352.3ウォン)を一日で更新した。ウォン相場は今月に入り、世界金融危機だった2009年4月28日(1ドル=1356.8ウォン)水準に落ちた。

ウォン安の根本原因は米国の緊縮基調だ。米国連邦準備制度理事会(FRB)が今年2回のジャイアント・ステップ(政策金利0.75%ポイント引き上げ)に踏み切ったうえに、今月20~21日(現地時間)に開かれる連邦公開市場委員会(FOMC)でも0.75%ポイントの引き上げに出るかもしれないという見方が強い。雇用などの経済指標の好調でFRBが通貨政策の方向を変える期待は薄くなっている。

関連記事

[ 2022年09月02日 10:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
政策金利を1.0パーセント上げるべきだ
アメリカの政策金利が韓国の政策金利より高いのでドル高ウォン安が進んで、更にドルの金利が来月にも0.75パーセント切り上げられると見られている。
ウォンの金利を今月摂り合えず1.0パーセント上げて2か月後必要に応じて更に1.0パーセント上げれば良い。
[ 2022/09/02 13:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp