韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  SK・E&S、クーパンなどとエコ水素物流センターを構築

SK・E&S、クーパンなどとエコ水素物流センターを構築

SK・E&Sとクーパン、ケンドールスクエアが、韓国国内では初めて「エコ水素物流センター」の構築に乗り出す。

SK・E&Sは、SKプラグハイバース(SK・E&Sとプラグパワーとの水素事業専門合弁法人)とクーパンフルフィルメントサービス、ケンドールスクエア資産運用が、「エコ水素物流センターの構築および運営事業の推進のための業務協約(MOU)」を交わしたと、1日明らかにした。今回の協約は、忠清南道天安市(チュンチョンナムド・チョンアンシ)のクーパン木川(モクチョン)物流センターに水素フォークリフトを導入し、水素ステーションなどのインフラを造成して「国内1号のエコ水素物流センター」を構築するためのものだ。

木川物流センターは現在、ケンドールスクエアの所有で、クーパンが賃借している。水素フォークリフトの場合、1回の充電で8時間の運行が可能で、充電時間は3〜5分前後に過ぎず、業務効率と生産性を大幅に向上させることができると、SK・E&S側は説明した。

スポンサードリンク


SK・E&Sは同日、「H2・MEET2022」で「水素経済と未来を開いていく燃料電池」をテーマにした特別トークショーも開催した。SK・E&Sのチュ・ヒョンウク社長(写真)は歓迎の辞で、「政府は2030年の水素使用量を390万トンと提示したが、これを達成するためには2025年に150万トン規模の水素市場が必要だ」と述べた。氏は続けて、「エネルギーの転換過程で水素産業を国家新成長産業に育成し、グローバル競争力を確保するためには企業投資を促進する政府の『大胆な支援』政策が欠かせない」と強調した。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220902/3611119/1

2022-09-02-k002.jpg

韓国大手エネルギー会社SK E&Sは昨年9月、世界有数の水素供給業者になることで2025年までに水素28万トン、自然エネルギー7GW、グリーンLNG(液化天然ガス)1,000万トンを生産し、企業価値35兆ウォン(3.3兆円)を目指を達成すると発表していた。SK E&S社は、カーボンニュートラルなLNG(液化天然ガス: Liquefied Natural Gas)を韓国に初めて導入するなど、ESG経営に努めている。

同社は、CCUS(二酸化炭素回収・貯留:技術を用いて、LNG製造と水素製造の全工程でCO2を除去することを実現するとした。


関連記事

[ 2022年09月02日 10:42 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
そして咥えタバコで爆発、までが韓国人の生き様w
[ 2022/09/02 12:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp