韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国政治 >  ドル高で円もガタ落ち、24年ぶりに140円台まで下落

ドル高で円もガタ落ち、24年ぶりに140円台まで下落

円相場が一時、1ドル=140円台まで下落し、1998年以来24年ぶりの安値を記録した。原材料価格の引き上げに加え円安の流れが続き、日本でも物価が高騰し、貿易赤字が続くなど、経済的困難が続いている。

2日午前、東京外国為替市場で円相場は1ドル=140.26円まで下がった。円相場が140円台を突破したのは1998年8月以来。円相場は今年に入って18%も下落した。これは1979年(19%)以来43年ぶりのことだ。日本の鈴木俊一財務相は同日の記者会見で、「急速な変動は望ましくないが、最近の変動はやや大きいという印象だ。政府として為替市場の動向に高い緊張感を持って注視していきたい」と述べた。

韓国のウォンと同様に、最近円安が続いているのは外部要因のためだ。米国が自国の物価上昇を抑制するために6~7月、連邦公開市場委員会(FOMC)で2回連続で金利を0.75ポイント引き上げたのに続き、先月26日のジャクソンホール会議で米連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエルの議長は、これまでの通貨政策基調を維持するという方針を明らかにした。その影響で米国に資金が集中し、世界の主要通貨の一つである円の下落も加速している。

スポンサードリンク
だが、円安による貿易収支改善効果などは観察されていない。日本の貿易収支赤字はすでに12カ月連続で続いており、今年7月には1兆4367億円を記録した。7月の赤字額としては史上最高水準だ。米国・中国など主要国の経済が新型コロナウイルス感染症の余波から回復できていないうえに、日本の製造業工場の海外移転などで円安が以前ほど輸出増加に寄与できないためだ。

一方、ウクライナ戦争によるエネルギー価格の高騰や輸入物価の上昇で、経済の厳しさは増している。調査会社「帝国データバンク」が7月に日本企業を対象に実施した調査(回答1万1503社)によると、61.7%が「円安が企業業績に負の影響を与えた」と回答している。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/44465.html

2022-09-04-k001.jpg

1日のニューヨーク外国為替市場、円相場は1ドル=140円台まで値下がりし、1998年8月以来、24年ぶりの円安水準を更新しました。アメリカが大幅な利上げを続けるという見方が広がり、円安が一段と加速した。アメリカの長期金利が上昇し、日米の金利差の拡大が意識されて円を売ってより利回りの見込めるドルを買う動きが強まった。

市場関係者は「FRBのパウエル議長が先週の講演で利上げを続ける姿勢を鮮明にして以降、金融引き締めの長期化に警戒感が強まっていることも円相場の下落につながっている。円安がどこまで進むか見通せない状況だ」と話している。

関連記事

[ 2022年09月04日 07:34 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
円安ドル高は海外進出企業の自国回帰のチャンス
ドルに対して円が安く成り、韓国や中国に進出している企業が自国回帰する絶好のチャンスと成ってる。
人件費は韓国の方が日本より高く成り、もはや韓国で事業をする意味が無い。
中国も電力の安定供給が難しく、かつコロナ対策と称して都市をロックダウンする、とても事業を継続させられる状況では無い。
撤退が急がれる。

[ 2022/09/04 10:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp