韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  ウォン価値が他の通貨より大きく下落し、1ドル=1370ウォン台に

ウォン価値が他の通貨より大きく下落し、1ドル=1370ウォン台に

ウォン安ドル高が進み、1ドルは1370ウォンを突破した。世界的なドル高の中、ウォンは貿易赤字や中国人民元安までもが重なったことで急速に下落している。

5日のソウル外国為替市場は、前取り引き日よりウォン安ドル高が8.8ウォン進んだ1ドル=1371.40ウォンで取り引きを終えた。この日の取り引き開始時には1ドル=1365.0ウォンで、午前中に1370ウォンを突破した。ドルが1370ウォンを突破したのは、2009年4月1日(1392.0ウォン)以来13年5カ月ぶり。韓国総合株価指数 (KOSPI)は前営業日より0.24%(5.73)下落の2403.68で取り引きを終えた。

米連邦準備制度理事会(FRB)の政策金利引き上げにより、安全資産であるドルの価値は高まり続けている。欧州の景気減速の可能性もドルの価値を押し上げている。ロシアの国営企業ガスプロムは2日、ノルドストリーム1を通じた欧州へのガス供給を完全に停止すると発表している。ドル高で主要国の通貨価値は相次いで下落している。ユーロ、円、ポンドなどの主要6通貨と比べたドルの価値を示すドルインデックス(1973年3月=100)は、この日午後2時に110.23となった。ドルインデックスが110を超えたのは2002年6月19日(110.190)以来20年3カ月ぶり。

スポンサードリンク
このところ、ウォン相場が他の通貨に比べて特に大幅に下落するのではないかとの懸念も高まっている。ドルに対するウォンの価値は、米国で「ジャクソンホール会議」のあった8月26日から9月2日までの1週間で2.35%下落している。同じ期間にドルインデックスは0.7%上昇しているが、これは主要6通貨の価値がドルに対してそれだけ下がったということを意味する。同じ期間にユーロはドルに対して0.13%下落、円は同じく1.89%、人民元は同0.40%下落している。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/44481.html

2022-09-06-k003.jpg

ウォン·ドル為替レートが3取引日連続で最高値を更新して、5日1370ウォンを突破した。ドル高の勢いに「人民元ショック」まで重なり、ウォン安が加速化している。ドル高とウォン安に挟まれ、ウォン相場が来年上半期まで劣勢基調を継続するという展望もある。 ここに貿易赤字、エネルギー価格急騰、外国為替保有額減少などが重なり外国為替市場周辺には全て為替レート上昇を煽る「悪材料」だけとなる。

それまで国家が維持できるかと言う問題もある。 いつ通貨危機となるかは予想できない。 と言うかいつ発生しても不思議では無いともいえる。

関連記事

[ 2022年09月06日 08:11 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp