韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国バッテリーLGエンソルが世界1位守ったが、急追する中国と欧州で真剣勝負

韓国バッテリーLGエンソルが世界1位守ったが、急追する中国と欧州で真剣勝負

スポンサードリンク


「中国のバッテリーメーカーが、自国市場の保護を通じて獲得した体力を土台に欧州進出に乗り出し、中国外の市場占有率を急速に高めている。欧州市場で韓・中のバッテリーの本格的な勝負が繰り広げられるだろう」(韓国のバッテリーメーカー関係者)

LGエネルギーソリューション(以下、LGエンソル)が、今年1~7月の中国を除く世界バッテリー市場占有率1位を守ったが、中国のCATLが倍増の成長率を見せ急追している。5日、市場調査機関SNEリサーチによれば、今年1~7月に世界(中国を除く)の電気自動車に搭載されたバッテリー容量は105.5GWhで、昨年同期に比べ40.3%増加した。

メーカー別では、LGエンソルが18%増えた31.1GWhで1位を維持した。日本のパナソニックは、米国の電気自動車メーカーのテスラの物量のおかげで2位(20.6GWh)を記録した。中国のCATLは119.2%に達する成長率を記録し3位につけた。SKオンは15.5GWhで3桁の高い成長率を見せ占有率が4.8%上がり、サムスンSDIは12.0GWhで56.6%成長した。両社はそれぞれ4・5位を占めた。韓国国内3社のシェアは55.6%で、前年同期比0.4ポイント上昇した。

スポンサードリンク

この調査機関が中国市場を除いた調査結果を発表した理由は、中国政府がバッテリー産業の自国保護主義を繰り広げているためだ。中国政府は、自国のバッテリーが適用された電気自動車にのみ補助金を支給する方式で、中国以外のバッテリーメーカーの進入を事実上遮断している。CATLは中国市場を含む調査結果(1~7月累積83.6GWh)では圧倒的な差で世界1位を守っている。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/44479.html

2022-08-30-k006.jpg

LGエナジー・ソリューションが世界7大完成車メーカーでの一つであるホンダと共に、米国に電気自動車用バッテリー工場を建設する。米国が「インフレ抑制法」を施行し、電気自動車とバッテリーの現地生産を誘導するや、韓国と日本の代表的なバッテリー・完成車メーカーが手を組んだ。

LGエナジー・ソリューションは、「日本のホンダとバッテリー合弁法人設立締結式を行い、米国に電気自動車バッテリー工場を設ける」と明らかにしている。両社は5兆1000億ウォン(約5250億円)を共同投資し、年間40GWh(ギガワット時)規模のバッテリー生産能力を備える。これは電気自動車60万台に供給できる規模だ。

工場用地が決まり次第、両社は来年上半期に着工し、2025年末からバッテリーの本格的な量産に入る計画。生産されたバッテリーは、ホンダとアキュラ(ホンダのプレミアム・ブランド)の電気自動車モデルに供給される。



関連記事

[ 2022年09月06日 08:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp