韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  通貨危機=韓国

通貨危機=韓国

通貨危機の定義は簡単だ。韓国ウォンと両替して使うドル(外貨)が不足して生じる危機だ。1997年に韓国が経験した。韓国は保有する外貨が減り、デフォルト(債務不履行)の危機に直面した。同年11月、国際通貨基金(IMF)に200億ドルの救済金融を要請しなければならなかった。その代償は大きかった。IMFは強度の緊縮を要求した。

深刻な資金不足で住宅貸出金利は年20%台、中小企業向け貸出金利は30%台に上がった。「漢江(ハンガン)の奇跡」と呼ばれた韓国経済はあっという間に沈没した。多くの企業が倒産し、家計破綻が続いた。

IMF通貨危機が韓国人に残した傷は大きかった。経済が不安定になるたびに通貨危機の恐怖に包まれる理由だ。2008年の米国発金融危機がそうだった。当時、外国人の資金が一気に流出し、韓国ウォンが急落した。第2次IMF危機が迫るという恐怖が市場に広がった。「3月危機説」「9月危機説」が相次いで出てきた。同年10月、李明博(イ・ミョンバク)大統領がラジオ演説で「厳しいが、通貨危機当時とは状況がかなり違う」と訴えるほどだった。

スポンサードリンク
最近、IMF通貨危機の恐怖がまた広がっている。ひとまず物価と為替が尋常でない。消費者物価上昇率は5-6%(前年比)にのぼる。1998年の7.5%以来14年ぶりの最高水準だ。通貨危機だった97年の4.4%を上回る。為替レートは1ドル=1300ウォン水準を突き抜けて1400ウォン台に向かっている。

一日に10ウォン前後のウォン安ドル高になったりする。金融危機当時のようだ。ところが政府の反応も当時と似ている。先月29日、秋慶鎬(チュ・ギョンホ)副首相兼企画財政部長官は国会で「外貨の保有は十分だ。IMF通貨危機とは違う」と述べた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/1520c0b02a3cb58fc73dc70d33d8bfc92ea290f5

2022-09-02-k001.jpg

中央日報は、外貨の保有は十分で、IMF通貨危機とは違うと報じている。 外貨が十分かどうかは疑問だが、通貨が一気に紙切れになったわけでは無いので、まだ韓国通貨危機ではない。 だが、今後はいつ大きく通貨が下落し、国家破綻にとなるかは不明と言える。

また通貨危機も金融危機も経済危機の一種類にすぎないと伝えている。 私は韓国通貨危機時に韓国で仕事をしていたが、生活はごく普通であり、現代自やLG電子の見た目に大きな変化はなかった。 当時は日本からの助けもあり、自国民に大きな影響となるような生活の乱れは感じなかった。

だが今後韓国が通貨危機状態になれば、助ける国は無い。当時とは大きく異なるとみるが…。

関連記事

[ 2022年09月07日 07:38 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp