韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  中国 >  対ロシア制裁で大赤字の独天然ガス企業、政府に再び「救難信号」=中国

対ロシア制裁で大赤字の独天然ガス企業、政府に再び「救難信号」=中国

2022年9月9日、中国中央テレビ(CCTV)は、ロシアに対する制裁の影響で巨額の損失を抱えているドイツの天然ガス輸入企業最大手のウニパーが、ドイツ政府に再度の支援を求めたことを報じた。

同局はニュース番組の中で「ウクライナとロシアの軍事衝突、西側による対ロ制裁の影響により、欧州の天然ガス価格が大幅に値上がりしている」とし、すでに巨額の損失を抱えているドイツ最大のロシア産天然ガス輸入業者であるウニパーが先日、ドイツ政府に対して改めて資金援助を求めたと紹介。同社のCEOが「天然ガス価格の高止まりによって損失が増え続けており、ドイツ政府から支援を受けた70億ユーロ(約1兆円)も9月末に底をつく可能性がある」と語ったことを伝えた。

そして、同社がドイツエネルギー企業の大手であることから、ドイツ世論では同社の倒産がエネルギー業界全体の崩壊を引き起こし、より広範な経済分野に衝撃が拡大するのではないかとの懸念が広がっているとした。

スポンサードリンク
また、ドイツでロシアからの天然ガス供給が激減したことで、同社は高価な現物市場にて天然ガスを購入して契約を履行せざるをない状況となっており、今年1〜6月期の報告では120億ユーロ(約1兆7400億円)の赤字が出て、ドイツ企業史上最大規模の赤字額となったことを紹介。ドイツ政府は先日すでに大規模な支援策を打ち出し、同社に大量の融資を行っていたと伝えている。
https://www.recordchina.co.jp/b901029-s25-c20-d0193.html

2022-09-12-k003.jpg

今年3月、中国はロシアへの対応で綱渡りを強いられており、しかも足を踏み外す危険がどんどん高まっているとしていた。中国は、石油輸入量の2割弱をロシアに依存する関係にある。中ロ両国は、欧米がロシアに対して発動した制裁をかいくぐり、大半の貿易取引を人民元建てで決済することは可能だ。だが、中国がロシアを手助けし過ぎると、自らも火の粉を浴びかねない。いずれにしても中国の銀行は、厳しい立場に置かれるとしていた。

中ロ両国は近年、経済的な結びつきを強めつつある。ロシアにとって中国は最大の貿易相手となり、ロシア中央銀行の外貨準備における人民元の比率は2015年の0.1%から13%にまで高まった。中国は昨年の対ロ貿易収支が120億ドルの赤字で、ロシアから400億ドル相当の石油を輸入。これは全輸入量の16%に上った。今年2月には、ロシア産天然ガスを新たなパイプラインを通じて中国に供給する30年間の契約を両国が締結したばかりだ。

欧米のロシアに対する制裁措置には、ロシアの一部銀行を国際銀行間通信協会(SWIFT)のネットワークから排除することや、ロシア政府による外貨準備の利用制限などが含まれており、中ロの経済的な関係はさらに深まらざるを得ない。

関連記事

[ 2022年09月12日 07:43 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp