韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  韓国、昨年に続いて今年も米国産牛肉の最大輸入国

韓国、昨年に続いて今年も米国産牛肉の最大輸入国

韓国が昨年に続いて今年も世界で米国産牛肉を最も多く輸入していることが確認された。10日(現地時間)、米国農務省と米国食肉輸出連合会(USMEF)によると、今年に入ってから7月まで韓国の米国産牛肉の輸入量は16万7874トン、金額にすると16億933万ドル(約241億円)にのぼることが分かり、量や金額ともに世界で最も多かった。

昨年同期間(16万2086トン、12億6656万ドル)に比べて輸入量は4%、金額は33%増加した。2008年に米国産牛肉の輸入を再開した韓国は13年経緯した昨年、初めて米国産牛肉の最大輸入国になった。輸入量に比べて輸入額が大きく増えたのは、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)事態の持続によって牛肉価格が上昇したことに伴うものだと分析される。

韓国に続いて今年に入って米国産牛肉輸入が多い国は日本(15万2658トン)、中国および香港(13万9409トン)、カナダ(5万5918トン)、メキシコ(4万8530トン)などとなった。金額基準では韓国に続いて中国および香港(13億9494万ドル)、日本(11億4520万ドル)、台湾(4億9513万ドル)、カナダ(4億8396万ドル)などとなり、中国および香港が日本を上回った。

スポンサードリンク
特に中国および香港の米国産牛肉の輸入は昨年同期に比べて輸入量は18%、金額は39%増加した。香港を抜いた中国本土の場合、昨年同期に比べて輸入量は35%、金額は61%それぞれ急増したことが集計で分かった。
https://japanese.joins.com/JArticle/295387?servcode=300§code=300

2022-09-12-k006.jpg

2017年、米国食肉輸出連合会が発刊した統計報告書によると、韓国の米国産牛肉輸入額は12億2000万ドル(約1300億円)で世界2位。1位は日本(18億9000万ドル)だった。2015年まで輸入額が3~5位で推移していた韓国は、16年にメキシコを抜いて2位に立ち、昨年は輸入量がさらに増加して2年連続2位となった。米国産牛肉の輸入量は計18万4152トンで、日本(30万7559トン)、メキシコ(23万7972トン)に続いて3位だった。

当時から輸入実績全体では2~3位だが、各国の人口を踏まえると米国にとって韓国が最大の輸出市場だというのが業界の分析だ。米国産牛肉の輸入量を国民1人当たりに換算すると韓国は3.5キロで、総輸入量が韓国より多い日本(2.4キロ)、メキシコ(1.9キロ)より多いとしていた。

関連記事

[ 2022年09月12日 08:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
値上がりしても輸入牛肉を食べる、韓国人は肉好きだ。
[ 2022/09/12 17:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp