韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  中国 >  中国の半導体産業は10年以内に倍増へ、カスタム半導体がトレンドに

中国の半導体産業は10年以内に倍増へ、カスタム半導体がトレンドに

スポンサードリンク


中国メディアの上観新聞は12日、「中国の半導体産業の規模は10年以内に倍増へ、カスタム半導体がトレンドに」とする記事を掲載した。

記事によると、8日に開催された「2022新思科技(シノプシス)開発者大会」で、半導体設計支援ソフトウエア最大手、米シノプシスのサシーン・ガージ最高執行責任者(COO)は、「ビッグデータや人工知能(AI)などのテクノロジーが半導体のエコシステムに試練をもたらし、先進的なソフトウエアのサプライチェーンが複雑化する。急速に変化する消費者のニーズを満たすため、われわれはシステムから始めて、AIやビッグデータ分析などのテクノロジーを組み合わせ、カスタマイズされた半導体を通じて異なる分野のシステムの複雑さを解決しなければならない」との認識を示した。

半導体技術が進展して「ムーアの法則」が適用できなくなった後の時代「ポストムーア」に入り、ソフトウエアとビッグデータによって駆動されるカスタム半導体により、システム会社は差別化された競争上の優位性を確立することができる。

スポンサードリンク

同社の中国区副総裁である王小楠(ワン・シャオナン)氏は、「中国の半導体産業の市場規模は今後10年以内に倍増し、成熟した生産工程が市場の大部分を占め続けることになる」とし、「成熟した生産工程の発展において、生産能力を高めて市場のニーズを満たすことは、中国の半導体の未来にとって行き詰まりを打破するポイントになる」と指摘した。
https://www.recordchina.co.jp/b901080-s25-c20-d0192.html

2013-12-08-ca.jpg

そもそも中国の製造技術指導は日本である。数年前に日本に教育を主とした企業を設置している。 技術は日本企業から学べと言う意味だ。 またスマホの躍進も日本パーツで品質を維持しつつ、大量生産で躍進している。今では東アジアを中心に中国スマホに置き換わる勢いだ。 

2000年代に中国に渡った日本技術者はすでに退職しており、日本で学び、自国で教育するしかなくなり、今なお継続している。韓国と違って、日本技術は中国の根本となるだけでなく、日本パーツや日本の製造設備或いは自動化設備など、いまだ日本から学ぶことは多々ある。 今後は東アジア地域に主力工場を構え、安い人件費で対応せざる負えなくなってきたのも事実。



関連記事

[ 2022年09月13日 08:03 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
堂々と規制違反
シノプシス社は、果敢に堂々と米国政府の規制に違反する。
米国政府は目下、シノプシス社を内偵中。
バイデンはこんなのを見逃しているのか。

いや、これは、政府と企業のマッチポンプだろう。
裏ビジネスで取引きすれば、高く売れる。
サポート料を高く取れる。
[ 2022/09/15 19:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp