韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  バイデン米大統領「バイオもメイド・イン・アメリカ」、韓国にはまた赤信号

バイデン米大統領「バイオもメイド・イン・アメリカ」、韓国にはまた赤信号

スポンサードリンク


米国のバイデン大統領が12日(現地時間)、バイオ産業の米国内研究と製造を強化する行政命令に署名した。米国がインフレ削減法(IRA)と半導体・科学法を施行したことに続き、行政命令でバイオ産業にまで「メイド・イン・アメリカ(Made in America)」ドライブをかけ、韓国産業に悪影響があるという懸念の声がさらに大きくなっている。

ホワイトハウスはこの日、バイデン大統領が「国家の生命工学およびバイオ製造イニシアティブ」の行政命令に署名した事実を公開し「米国で発明したすべてのものを米国で作れるようにすること」と説明した。米国企業が生命工学の研究開発(R&D)をすれば、韓国・中国・インドなどがこれを委託生産(CMO)してきたかつての産業構造を変え、R&Dだけでなく生産まで米国が主導するシステムを構築するということだ。

ホワイトハウスは「米国はバイオ産業で海外の原料と製造に過度に依存してきた」とし「過去の米国核心産業に対する国外移転は重要化学物質と医薬品成分など原料に対するアプローチ能力を脅かす」と明らかにした。

スポンサードリンク

同時に「脆弱な海外のサプライチェーンを米全域で高賃金の雇用を基盤とする強力な国内のサプライチェーンに代替する今回の行政命令はバイオ製造業の発展を導くだろう」と強調した。ブルームバーグ通信は「米国のバイオ生産を拡大し、中国への依存度を減らそうとしている」とし「米国は中国の先端バイオ製造基盤施設への依存を懸念している」と伝えた。
https://japanese.joins.com/JArticle/295470?servcode=300§code=320

2022-09-14-k007.jpg

米国のバイデン大統領は、半導体やバッテリーに続き、バイオ産業でも米国内で関連製品を生産する企業を支援するいわゆる「メイドインアメリカ(Made in America)」のための行政命令を出す。韓国が競争力を備えた重要な未来産業であるいわゆる「BBC(バイオ・バッテリー・半導体チップ)」の分野で、全て米国内での生産を誘導する全方位的な規制強化に乗り出す。

米国内での医薬品の生産を拡大するバイオ分野の行政命令は、韓国国内のバイオ企業にも影響を及ぼすものと見られる。医薬品の委託生産は、韓国国内企業が世界トップ圏を維持している分野であるから、結果的に中国バイオ産業を牽制すれば、中国企業と競争関係にある韓国のバイオ企業の恩恵になりうる。米国内で医薬品を製造させる規定を強化すれば、打撃を受ける恐れがあるという懸念が共に出ている。



関連記事

[ 2022年09月14日 08:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
米中関係が緊迫して来た昨今ではバイデン大統領は正しい
米中関係がいよいよ緊迫して来た、半導体やリチウムバッテリー、自動車、バイオ燃料等核心産業を他国に依存するのでは無く自国での生産体制を強化する事は正しい。
韓国の様に何もかも中国に依存して居たら完全に支配されてしまうし、アメリカから排除されるのは当たり前。
[ 2022/09/14 09:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp