韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国で「文在寅会談」の“ヤバすぎる中身”と、韓国経済「ウォン高、物価高の地獄」の末路

韓国で「文在寅会談」の“ヤバすぎる中身”と、韓国経済「ウォン高、物価高の地獄」の末路

韓国でいま再び「文在寅」が注目されている。 韓国ではこのほど李在明(イ・ジェミョン)議員が、「共に民主党」の新任代表に選出されたのだが、その李氏が文在寅氏を表敬訪問をしたことがきっかけだ。 もともとみずからに非友好的な「非明」(非李在明)系の主軸である、親文在寅グループと融和していきたいという狙いだが、私邸で応対した文在寅氏は融和の姿勢を見せながらも「わだかまりはある」と語るなど、牽制して見せたのだ。

そんな“私邸会談”ではいったいどんな会話が交わされたのか、そして韓国政界はどこへ向かおうとしているのか、そしていま再び文在寅氏が「キーマン」として浮上してきたことは何を意味するのか――最前線をレポートしよう。 李在明議員が、「共に民主党」全党大会で新しい代表に選ばれたときは、「オデミョン(どのみち代表は李在明)」という新造語が出るほど、77.77%という圧倒的な得票率を見せた。

前回の大統領選挙や相次いだ地方選挙の敗北責任論を掲げた党内の反発は、「ケタル(改革の娘)」と呼ばれる強力な支持層の声に埋もれてしまった。 だが、民主党の主要支持地域だった湖南地域の投票率が35%に過ぎなかったということは、親李在明勢力を除いた全般的な党内世論が「代表李在明」の「政治的商品性」について懐疑的なうえに、批判的であることを如実に示している。

スポンサードリンク
李新任代表は、ここから2年間、民主党を率いることになる。彼は、2年後、巨大野党の公認権を行使して、次期大統領選挙に再び名乗りを上げるとみられている。 李代表は、この日、受諾演説で、「肉を切らせて骨を断つ覚悟で、完全に新しい民主党を作るのに、この身を投げ打って遂行する」と告げ、民生代案と未来ビジョンを提示すると明言。
https://news.yahoo.co.jp/articles/b080dacb82d3ce06a2c60841b836870ecdd74dac

2022-09-15-k001.jpg

記事では、李代表は、現在、大庄洞ゲート、柏峴洞冬開発特恵疑惑、城南FC不法後援金疑惑、法人カード流用疑惑、弁護士費代納疑惑などに巻き込まれており、いくつかの疑惑は、すでに捜査が進行中と報じている。また李代表の起訴の可能性が高くなるや否や、民主党は、起訴された場合の党職停止処分を停止することができるように、党大会直前に党憲を変えた。

一部では、「なんでも他人のせいにする政治家」という、酷い評価まで噴出している。捜査結果によっては、政治生命に致命的な打撃を受けるほど「司法リスク」が大きいのに、李代表は、今でも言葉尻を捕らえ、他人のせいにして論点をずらし、一貫して誤魔化している。捜査に積極的に協調することはあるのだろうか。一点の疑問も残らないように、徹底的に解き明かすことができるのか、未知数としている。

錫悦政府は、その隙を突いて執権したが、これといったビジョン提示もなく、文政府を真似して、かえって支持率を下げるという不利な状況に置かれている。民主党内の亀裂と摩擦を取り纏めて、統合の基礎を固めることも、李代表が担わなければならない課題で、政治改革と政党刷新を実践しながら、党と国民との乖離が憂慮される特定方案推進には、慎重でなければならないとした。

関連記事

[ 2022年09月15日 07:51 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp