韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国、「日本に二度と負けない」「国産化する」の“大嘘”

韓国、「日本に二度と負けない」「国産化する」の“大嘘”

スポンサードリンク


韓国は政治によって豹変する国。2019年8月、文在寅元大統領の「日本に2度と負けない」をスローガンに、韓国は反日、不買運動へと大きく移行した。 スローガンを打ち出した数日後に地下鉄には「NO NO JAPAN」のステッカーが、地下鉄公社(国営)の少なくとも筆者が目撃した地下鉄2号線(ソウルの環状線)には貼られていた。あまりの酷さに日本大使館に連絡したことを覚えている。

ソウル漢江を境にカンナムのほうはそれほどでも無かったが、漢江より北の中区から光化門までは反日、不買の垂れ幕が至る所で掲げられていた。また2015年の「慰安婦合意」に関しても文在寅は反日を扇動し「慰安婦合意破棄が民意」としながら破棄への動きが見られた。 さらに第20代大統領候補だった李在明(イ・ジェミョン)氏は京畿道知事時代に戦犯企業ステッカーを制作、役所、学校と公共機関で日本ブランドのすべての事務機器にステッカーを貼る義務を押し付けた。

セクハラ疑惑で自殺した元ソウル市長朴元淳(パク・ウォンスン)氏は、不買のためソウルに入る日本輸入食品に対し過剰な放射能検査をした。結果何も出てこなかったのは言うまでも無いが、声高々と検査を行い思った結果が出なかったことに関しては蚊の鳴くような声で報告した。

スポンサードリンク

その後はご存知の通り国一色が反日、不買という不毛な運動をした結果、現在の日韓関係にある。そうした中で、日本が韓国をホワイト国から外し、輸入が難しくなったフッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水をめぐっては、文在寅元大統領は「国産化する」と言い放っていた。 が、現実には何もできていない。

フッ化水素の場合、日本からの輸入額は2019年7月に急減し2020年の輸入額は18年と比べて86%縮小した。ところが、2021年には前年比34%の増加に転じた。今年1~4月も前年同期比30%増加し、輸入額増加の傾向が続いている。フォトレジストは前年比2桁の伸びが続き、フッ化ポリイミドは輸入額がわずかに減少するにとどまった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/68cf4d76aaabbd676c7502aa4ec03b499e7acaeb

2014-02-22-wa-1.jpg


反日政治の韓国である。一部の戦争経験者や、高齢者達による反日行動を受けての自国政治であるから、日本に対抗し、反発を強めたところで、ますます自国は借金まみれの国と化すだけである。戦後日本は米国に負けじと、各産業が発達し、企業システムの構築や品質システムの構築で、高度成長を成し遂げた。

韓国の様に単に口先だけで騒いだところで何とかなるわけでは無い。私が現代電子(今のSKハイニックス)を指導した時には、上から目線で仕事ができない連中にカツを入れ、管理職と主任研究員連中を怒鳴り立たせた。 製造の組み立てから、製造設備に工程検査機、作業手順書を設計し、製造し、彼らの前でマニュアル通りの作業を実施すると、彼らは驚きを隠せなかったようだ。

何故指導者が製造を実施するのか? と言う部分となる。 ドライバーをもって汗を流し、製造を体験し問題点を見つけよ! と怒り狂ったものだが、次の日から全員がドライバーを持ち、私をボスと呼んだ。 もちろん当時の韓国や歴史など知る余地もなかった。ボスと認めると、それに従う姿勢に違和感を持ったのも事実。 ある意味で米国企業に似ている側面を持つ。 ボス組織であるから、自分のよりレベルが高いと認めるとそれに従うという部分ではよく似ている。

なので、日本に負けないと口で語ったところで、製造を知らない連中の集まりなので、大学では管理職教育しか受けてこない。製造企業では、まず使えないというのが印象的だ。 挙句に部長連中は、仕事に問題が出ると私の袖をつかみ助けてくださいと嘆く始末。 一人となると本音を見せる弱い連中でもある。 



関連記事

[ 2022年09月16日 08:05 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
韓国に技術指導をされていたのですか。
日本が中国や韓国に円借款・技術支援をして中韓の現在があるのに、『恩知らず・厚顔無恥・無礼』はとどまることがありません。日本が貧しくなったのは『良心的』年寄り世代のせい、日本人は利用されっぱなしだ…と若い世代は憤怒ですよ。

良心的(=付け込まれる甘ちゃん)を信奉するのがオールド・メディアのスタンス。ゆえに防衛費増大に反対、中韓にはもっと愛を、米国には平伏、全学連や革マル思想は平和主義運動だと報道し、日本の国益を損じています。

日本を取り戻す、あんな人たちに負けるわけにはいかない。故安倍元首相の信念です。日本の国益に強い経済、軍は必要です。日本が国益を志向するのは当然のことであり、これを阻害するなら中韓といえども冷遇されるのは当たり前。岸田首相はそれがよくわかっていると思います。

故安倍元首相の国葬は世界に向けての日本の意思表明となるでしょう。世界中が日本の指導者を哀悼し、日本国民の悲しみに寄り添ってくれるのです。日本は覚醒しなければいけません。

[ 2022/09/16 11:49 ] [ 編集 ]
韓国の経営層、指導層から、徐々に従北人脈が排除される。
いまはその途上でしょう。
素人あがりの尹錫悦大統領が、効果的な政策を打ち出せないから、
徐々に米日依存に傾いてくるが、米日双方からシカトされている。
[ 2022/09/16 13:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp