韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  韓国政府、「今年は部分自動運転車、2027年には完全自動運転車を商用化」

韓国政府、「今年は部分自動運転車、2027年には完全自動運転車を商用化」

韓国政府は、2027年までにドライバーの介入の必要ない「レベル4」の完全自動運転車を商用化し、2035年には自動運転機能を備えた新車の普及率を50%以上にするという計画を発表した。2025年には首都圏で都心航空モビリティ(UAM)サービスの商用化を開始する。

ウォン・ヒリョン国土交通部長官は19日、政府世宗(セジョン)庁舎で、未来モビリティ産業を核心成長動力として育成するための中長期目標と計画を盛り込んだ「モビリティ革新ロードマップ」を発表した。同ロードマップは、仁荷大学のハ・ホング教授をはじめとする27人の民間の専門家が参加したモビリティ革新委員会が国土交通部などの政府機関と議論して樹立した。

政府はまず、今年末に部分的な自動運転段階に当たる「レベル3」の自動運転車を商用化する。日本とドイツに次ぐ3番目の部分自動運転の商用化だ。2025年には「レベル4」の完全自動運転のバスとシャトルを、2027年には「レベル4」の乗用車を発売できるようにするとも述べた。それに向けて、自動運転車の試験運行地区を国土交通部が職権で指定できる制度を導入し、2025年までに試験運行地区を全国の市・道ごとに1カ所以上指定する予定だ。現在は、地方自治体の首長の申請によってのみ試験運行地区の指定が可能だ。

スポンサードリンク
自動運転車の商用化に先立ち、政府は2024年までに自動運転車の製作基準(安全基準)とレベル4の自動運転車にも適用される保険などの関連制度を整備する計画だ。また2030年までに全国の高速道路、国道、地方道11万キロメートルに次世代知能型交通システム(C-ITS)を構築する。 ロボットやドローンなどを用いた無人配送も活性化させる。生活物流法を改正して貨物車、二輪車に制限されていた配送手段にロボットとドローンを含めるとともに、道路交通法を改正して配送ロボットが歩道も通行できるようにする計画だ。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/44583.html

2022-09-20-k005.jpg

世界の自律型配送車両市場は2027年までに247.3億米ドルの価値があると予測されている。技術の進歩とともに高まるより迅速な配達に対する需要は、市場にプラスの影響を与える。電子商取引セクターの台頭と急速に変化する消費者のライフスタイルは、市場の需要を促進するとしている。

自律配送車両は、レストラン&フードチェーンおよび小売部門において重要な新興技術である。都市人口の増加は、大規模な交通渋滞につながる。さらに、環境問題への関心の高まりにより、これらのタイプの車両の必要性が生まれる。自律型配送車両は、プロセス全体で人間の介入なしに、顧客の玄関先までサービスを提供する。

これにより、会社の市場イメージを損なうことなく、規定の時間内にパッケージが配信されることが保証される。

関連記事

[ 2022年09月20日 08:19 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp