韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  国際 >  復活を遂げたインテル、今後数年間は売上が回復すると予測

復活を遂げたインテル、今後数年間は売上が回復すると予測

インテルは、最高経営責任者のパット・ゲルシンガーがかつての覇権を握っていたチップメーカーの再建を追求していることから、今年の売上高は2%弱増加し、後年には成長が回復すると予想している。

同社はサンフランシスコで開催された投資家向けイベントで、2022年の売上高は760億ドルに達し、その後2023年および2024年には1桁台半ばから後半の割合で増加するだろうと述べた。アナリストの予測では、今年の成長率は1%で、2023年には3%、2024年には8%の成長が見込まれている。 インテルは、一部の項目を除いた2022年の一株当たりの利益を3.50ドルとした。これも、3.44ドルと予測しているアナリストの予想をわずかに上回った。ウォール街の売上予想は751億ドルだった。

ゲルシンガーはこのイベントで、「計画を加速して実現できると自信を持っている」と語った。インテルはこれまでのところ、在宅勤務の流行や、より幅広い機器への半導体の普及により急増しているチップ需要を生かすのに苦労している。昨年のチップ業界の売上収益は26%増の5,560億ドルで過去最高となったが、インテルは4%減だった。

スポンサードリンク
一方で、同社のライバル企業は繁栄している。AMDの昨年の売上は68%増、エヌビディアは61%増となっている。アナリストの予測によると、これらの企業は2022年に再び25%以上の売上拡大を達成する見込みだという。インテルの売上の大部分は、依然としてパーソナルコンピュータ(PC)市場から来ており、同社のプロセッサーはラップトップやデスクトップの大部分を占める最も重要なコンポーネントである。

昨年は、リモートワークへの移行も手伝って、PCの出荷台数が過去10年間でなかった水準にまで回復した。しかし、アナリストたちは、この状況が続くかどうかについて懸念を示している。また、インテルはAMDとの競争が激化しており、アップルのように自社製チップに切り替える顧客も出てきている。
https://www.axion.zone/intel-sees-sales-picking-up-in-coming-years-as-it-makes-comeback/

2014-01-26-intel.jpg

2021年は半導体業界にとってウハウハの年だった。半導体の世界市場は前年比26.2%成長し、初めて5000億米ドルを超えて5559億米ドル(約63兆8000億円)に達した。その中で米Intelの売上高は前年比1%増の747億米ドル(約8兆6000億円:Non-GAAPベース)にとどまり ニュースリリース 、大手半導体メーカーの中で一人負となった。

このような厳しい状況の中、CEOのPat Gelsinger氏が、22年2月17日に開いた投資家向け会議「Investor Meeting 2022」 プレスキット において、26年に2桁成長(前年比10~12%増の売上高)を達成するとした。同氏と幹部は、それが絵空事でないことの証として、26年までの製品や技術のロードマップを見せ、今後の成長が見込めるのは、データセンター関連、事業者向けネットワーク関連、グラフィックス関連とした。

いずれも、今後盛り上がりが期待されるメタバースで重要となる要素である一方で、PC関連は1桁の低成長を見込んでいる。

関連記事

[ 2022年09月20日 08:33 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp