韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  韓国の輸出が23ヵ月ぶりに後退の兆し、今年は史上最悪の貿易赤字を予告

韓国の輸出が23ヵ月ぶりに後退の兆し、今年は史上最悪の貿易赤字を予告

今月に入ってから20日までの輸出額が、1年前より9%ほど減少し、23ヵ月ぶりに月間輸出額が減少する可能性が高くなった。25年ぶりに、6ヵ月連続で貿易赤字が続く可能性も高い。今年の年間貿易収支は史上最悪だという見通しが出ている。

21日、関税庁によると、今月1~20日の輸出額は329億5800万ドル(約46兆ウォン)で、1年前より8.7%減少した。9月全体でも輸出が減れば、2020年10月以降23ヵ月ぶりのこととなる。関税庁は、「祝祭日の連休にともなう操業日数の減少などで輸出額は減少したが、一日平均の輸出額は増加した」と説明した。

今年に入って輸出増加率は減速している。5月の輸出は1年前より21.3%伸びたが、6月は5.4%、7月は9.4%、8月は6.6%と、輸出増加率が一桁台に落ちた。特に中国への輸出が減少した。今月1~20日の対中輸出は1年前より14.0%減少し、ベトナムへの輸出も13.0%減少した。

スポンサードリンク
一方、輸入は大幅に伸び、貿易収支は赤字と集計された。今月1~20日の輸入額は1年前より6.1%増の370億6300万ドルだった。原油(16.1%)やガス(106.9%)、石炭(12.8%)などのエネルギー部門が、輸入増加を主導した。この期間の貿易収支は41億500万ドルの赤字で、4~8月に続き9月も赤字を出す可能性が高くなっている。9月の赤字が実現すれば、1995年1月から1997年5月までの29ヵ月の連続赤字以降初めて6ヵ月連続の貿易赤字となる。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220922/3651157/1

2022-09-22-k008.jpg

韓国の貿易収支が、9月に入っても赤字行進が続いている。世界的に原材料価格が高止まりしている状況で、輸出が停滞しているためだ。25年ぶりに6か月連続の貿易赤字を記録するとの懸念が強まった。韓国関税庁の集計によると、今月1~10日の貿易赤字(通関基準暫定値)は24億4300万ドル。輸出額は162億4600万ドルで前年同期比16.6%減少した。

輸入額は186億8800万ドルで、昨年同期より10.9%減少した。同期間の操業日数が6.5日で、昨年同期(8.5日)に比べて2日減った結果だ。 関税庁の関係者は「操業日数を考慮した1日平均輸出額は25億ドルで、前年同期比9.0%増加した」と説明した。韓国の貿易赤字は先月1~10日(76億9600万ドル)に比べるとやや減ったが、昨年9月1~10日(14億8300万ドル)よりは規模が大きくなった。

4月以降赤字が続いている。今月も赤字を出せば通貨危機直前の1995年1月~1997年5月以後、約25年ぶりに6か月連続の赤字を記録することになる。

関連記事

[ 2022年09月22日 08:15 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp