韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  北米の半導体・電気自動車企業、韓国に11億5000万ドル投資約束

北米の半導体・電気自動車企業、韓国に11億5000万ドル投資約束

韓国政府が北米地域の企業から11億5000万ドル(約1兆6000億ウォン、約1615億円)規模の半導体・電気自動車・二次電池分野の投資約束を受けたと明らかにした。

産業通商資源部は尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の訪米をきっかけ機に22日(現地時間)、米ニューヨークJWマリオットエセックスハウスホテルで開かれた「北米地域投資申告式および投資家ラウンドテーブル」行事でこのような成果があったと明らかにした。 行事には尹大統領をはじめ、李昌洋(イ・チャンヤン)産業部長官、劉正悦(ユ・ジョンヨル)大韓貿易投資振興公社(KOTRA)社長、米国の半導体・バイオ・二次電池・新エネルギーなど先端産業分野の企業代表20余人が出席した。

この日の投資申告式で北米地域の7社は半導体や二次電池など国家戦略技術関連の核心サプライチェーンを構築するための研究開発(R&D)センター設立などに計11億5000万ドル規模の外国人投資申告書を産業部に提出した。

スポンサードリンク
半導体企業ではグローバル半導体装備1位のアプライドマテリアルズが半導体装備R&Dセンターを韓国に新設することにした。米デュポンは次世代極端紫外線(EUV)用感光剤と化学機械練磨パッド、パッケージングなど半導体素材R&Dセンターと生産施設を増設し、インテグリスは半導体用特殊ガス・フィルター・CMPスラリなど半導体素材R&Dセンターを増設する計画だ。
https://japanese.joins.com/JArticle/295867?servcode=300§code=320

2022-09-24-k003.jpg

北米地域の7社は半導体や2次電池など韓国の国家戦略技術関連の核心となるサプライチェーン(供給網)を構築するための研究開発(R&D)センター新設事業など計11億5000万ドル規模の外国人投資申告書を産業通商資源部部に提出した。半導体製造装置世界大手の米アプライドマテリアルズは半導体製造装置のR&Dセンターを韓国に新設する。

化学大手の米デュポンは半導体材料R&Dセンターと生産施設を増設し、半導体材料など特殊化学品を扱う米インテグリスは既存のR&Dセンターを拡張する。EV·バッテリー分野では、自動車部品大手の米ボルグワーナーがEVやハイブリッド車(HV)用モーターのR&Dセンターを拡張する。

関連記事

[ 2022年09月24日 08:12 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
前スレで『外資撤退加速』の記事が出ていたが、今度は米企業が韓国へ投資約束…。
相反する記事が出てくるのはいつもの韓国らしくて…ほっこりする。


ユン大統領のNY版弥次さん喜多さん道中はおもしろかったね。鼻息と大口が巻き起こした騒動は世界中のメディアが紹介。日本メディアは沈黙を守ったが、隣国野党がギャンギャン騒いだせいで大漏れ。ユン大統領は超逸材と知れ渡った。韓国版ルーピーと日本版ルーピーの対決が待たれるww。

前にも書いたが米国はインフレと利上げで高コストの国になった。すなわち米国への投資資金は従来のようなメガバンクや市場から調達だけではなく、国からの巨額支援が別途必要。現在、米国に戻っているドルの使途は今後は米政府の意思・決定が大きく関与してくる。

米国政府がノーと言えば終わり。現在、中国企業が米国で悲惨な目にあっているだろう。これからの米国投資は忠誠を誓う国しか恩恵が与えられなくなる。米国は横暴だと中国が悲鳴を上げているが、次々と他国に適用されないことを願おう。

韓国発の日替わりニュースは温度差が激しい。みんな体調管理に気を付けようね。

[ 2022/09/24 13:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp