韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国社会 >  韓国の大学を退学した外国人留学生1万335人、7割は不法滞在者

韓国の大学を退学した外国人留学生1万335人、7割は不法滞在者

スポンサードリンク


韓国の大学に留学しに来たものの退学し、本国に戻っていない不法滞在者がこの4年間で5倍近く増えていることが調査で分かった。各大学では14年間続く授業料凍結による財政難を解消しようと、外国人留学生増員に積極的に乗り出している状況にあるため、留学生に対する管理責任を強化すべきだと指摘する声が上がっている。

国会教育委員会のミン・ヒョンベ議員=無所属=が月28日、教育部と法務部から受け取った資料によると、韓国の大学に留学したものの学業を放棄した外国人は昨年末1万335人で、このうち不法滞在者として韓国国内にとどまったのは6947人に達したとのことだ。元留学生の不法滞在者は2018年は1419人だったが、2019年(2883人)、2020年(4692人)と毎年増えている。

新型コロナウイルス流行で韓国に外国人労働者が入りにくくなった状況も相まって、留学や語学研修を不法就労の経路として利用した事例が相当数あると政府ではみている。教育部関係者は「言葉の壁がある外国人留学生たちは新型コロナ流行期間中のリモート授業に適応が難しく、留学をあきらめたものの、帰国便が確保できずに本国に戻れなかったケースも一部あるとみられる」と話した。

スポンサードリンク

国別ではベトナムから来た元留学生の不法滞在者が全体の65.2%(4531人)と最も多かった。以下、ウズベキスタン14.4%(1001人)、モンゴル7.0%(488人)、中国4.2%(292人)の順だった。ミン・ヒョンベ議員は「外国人留学生の不法滞在は犯罪につながる危険性があると同時に、留学生に対する否定的な認識が広がる恐れもある」「大学が不法滞在者養成所にならないよう、外国人留学生管理案を整えなければならない」と語った。
https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/09/30/2022093081306.html

2022-10-02-k006.jpg

一方で、米国国際教育研究所の集計によると、2019年にアメリカの大学に通う韓国人留学生数は約5万2000人で、人口が韓国の約28倍以上の中国(約37万人)、インド(約20万2000人)に次ぐ大きな規模になっている。同年の日本人留学生数は約1万8000人で韓国人の約3分の1。韓国の人口が日本の半分以下であることを考えると、韓国人の留学熱の高さがうかがえる。

だが、米国トップ大学に通う韓国人の44%がドロップアウトする。世界中から優秀な人材が集まるアメリカの名門大学では簡単にトップにはなれない。ましてや英語ネイティブの秀才たちとは英語力で埋められない差がある。それまで勉強では負けたことがなかった韓国人学生が、アメリカの大学で初めて「負け/挫折」を経験し、ドロップアウトする。韓国人学生の多くは、世界中から集まってきたエリート学生との競争に敗れ、「自分はやっていけない」「自分には無理だ」と自信喪失となる。



関連記事

[ 2022年10月02日 08:07 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp