韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国半導体危機、特別法通過を急がなくては

韓国半導体危機、特別法通過を急がなくては

スポンサードリンク


韓国経済の支えである半導体産業が危機を迎えている。韓国証券市場時価総額1位であるサムスン電子は7-9月期の営業利益(10兆8000億ウォン、約1兆1000億円)が1年前より30%以上減ったと公示した。市場の予想値を1兆ウォンほど下回る「アーニングショック」だ。

サムスン電子の実績悪化は単に一企業だけの問題ではない。グローバル半導体景気が本格的な不況に入る「半導体の冬」の信号弾とみることができるからだ。サムスン電子はまだ部門別実績を公開していないが、業界では半導体部門営業利益が30~40%減少したとみている。

国際収支と外貨準備高も非常事態に陥った。韓国銀行によると、8月の経常収支は30億5000万ドル(約4437億円)の赤字だった。企業が外国人株主に配当金を支給する4月を除いて月間経常収支が赤字を記録したのはこの約10年で初めてだ。国家非常用資金である外貨準備高は先月だけで200億ドルほど減った。韓銀が急激なウォン安の進行を防御するために市場にドルを持ち出して売ってためだ。

スポンサードリンク

ここには半導体輸出不振が重要な役割を果たした。韓国代表産業である半導体は全体輸出の20%ほどを占めている。半導体輸出は8月と9月の2カ月連続で減少傾向(前年同月比)を免れなかった。半導体が沈滞の沼に落ちれば貿易収支と経常収支が悪化して金融市場と実物経済が同時に不安定になるおそれがある。
https://news.yahoo.co.jp/articles/47a39fdc6bb5e02328f613438693c4cd507a3f62

2022-10-01-k005.jpg

米国を中心にした米国、日本、台湾、韓国の4カ国半導体同盟である「チップ4」について、韓国の半導体産業に否定的影響(46.7%)が肯定的影響(36.6%)より大きいとしている。米中競争深化と中国の反発にともなう副作用などが理由。米国の「CHIPS法」の影響に対しては肯定的見通しが50%で否定的見通しの40%より優勢。彼らは喫緊の半導体政策課題として、チップ4対応など政府の円滑な外交的努力(43.3%)、人材養成(30.0%)▽研究開発支援拡大(13.3%)、投資に対する税制・金融支援拡大(10.0%)などを挙げている。

経済人連合会は、「台湾の産業再編現況と示唆点」と題する報告書を通じ、国内総生産(GDP)規模が韓国の半分に満たない台湾の売上額10億ドル以上の半導体大企業数は28社で韓国の12社の2倍以上。台湾のような全幅的な支援が必要と指摘している。



関連記事

[ 2022年10月11日 07:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
営利30%減なら、メモリ単価が30%下落だろう。
メモリ市場は、昨年と今年前半が絶好調で収益最高だった。
それが普通と勘違いする人がいる。
業績が普通に戻れば大変な「悪化」と騒がれる。

サムスンはこの半年の仕込み分は安値で叩き売る覚悟のようだ。
[ 2022/10/11 09:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp