韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  日本「ビザなし観光」2年7カ月ぶりに再開、ワクチン証明書が「ハードル」

日本「ビザなし観光」2年7カ月ぶりに再開、ワクチン証明書が「ハードル」

スポンサードリンク


日本政府は11日から韓国など68カ国・地域を対象にビザなし入国を許可した。このため、韓国人も同日からビザなしで観光などの目的で最大90日間日本に滞在できるようになった。韓国に対するビザなし入国を再開したのは約2年7カ月ぶり。

一日の入国者数上限(5万人)の制限もなくなる。すべての入国者に対して、発熱などの疑い症状がなければ入国時の別途検査も行わないことにした。ただし、日本入国の際、新型コロナウイルス感染症のワクチンを3回接種したという証明書または出国前72時間以内の陰性証明書を提出しなければならない。このような規制は、主要7カ国(G7)のうち、米国と日本だけが維持している。外務省は「国内外の感染状況と各国の対応などを見て改善などを検討していく」と明らかにした。

松野博一官房長官は記者会見で「(入国緩和は)円安のメリットも生かしつつ、社会経済活動に資するもの」と述べた。日本を訪問した外国人旅行者は、2019年には3188万人にのぼったが、新型コロナパンデミックなどの影響で入国が制限され、2020年は411万人、昨年は24万人まで減少した。

スポンサードリンク

韓国人が日本を訪問する際、査証(ビザ)を取得せずに90日間滞在できるようになった。パッケージツアーだけではなく、個人の自由旅行も可能となった。日本が韓国人に対して90日間のビザなし入国を許可するのは2年7カ月ぶりとなる。ジャパンタイムズなどの日本メディアによると、日本政府は韓国・米国・台湾など全世界68カ国・地域に対するビザ免除措置を11日に再開するとのことだ。これにより、韓国人は観光・親族訪問・見学・短期商用などの目的で最大90日まで日本に滞在できるようになった。

2022-10-13-k005.jpg

日本政府はこれと共に、一日5万人までで維持してきた一日入国者数の上限も撤廃する。ただし、新型コロナワクチン接種義務は残っており、ワクチンを3回接種したという証明書がない人は、出発72時間前に検査した新型コロナ陰性証明書を出さなければならない。6-18歳の未成年者の場合、同伴する親が新型コロナワクチンを3回接種していれば、事前の新型コロナ検査が免除される。到着後の新型コロナ検査と入国後の隔離措置も原則として撤廃された。

日本政府の今回の措置で、韓国・台湾・シンガポールなどアジア圏の観光客の日本訪問が急増する見通しで、大手旅行会社ハナツアーの常務は、最近、海外旅行の全予約のうち40%が日本、まだ中国の国境が閉ざされている状況で、連休や年末年始を利用して旅行で日本に行こうという人が急増している状況としている。日本政府も食事クーポンや公共交通費割引などを掲げて海外観光客を積極的に受け入れようとしている。



関連記事

[ 2022年10月13日 08:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp