韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  「1隻2.4億ドル」LNGタンカー受注、韓国勢が独占

「1隻2.4億ドル」LNGタンカー受注、韓国勢が独占

環境にやさしいエネルギー源である液化天然ガス(LNG)に対する需要が世界的に増え、韓国造船業界の業績改善期待が高まっている。LNGタンカーの価格が過去最高水準に近づき、今年の全世界におけるLNGタンカー発注量も過去20年間の年平均の3倍近くに増えたためだ。

LNGタンカー分野で世界最高水準の技術を持つ韓国造船各社は、LNGタンカーの受注を総なめし、余裕を見せている。 ただ、LNGタンカーによる好況には不安要素も潜んでいる。受注船種があまりにLNGタンカーに集中しているほか、世界的な景気低迷で全体的に船舶発注量が減っているためだ。

造船業界によると、全世界におけるLNGタンカーの今年の発注量はこれまでに115隻で過去最高を記録している。2002-21年の年平均発注量は39隻だったが、その3倍近い数字だ。今年の発注量は現在世界で運航されているLNGタンカー(658隻)の約20%に相当する。韓国造船業界は全世界の発注量115隻のうち94隻を受注し、事実上市場を独占している。

スポンサードリンク
LNGタンカーの価格も急騰している。これまでの最高値は1991年で、当時は1隻当たり2億6000万ドル(383億円)に達した。その後、造船業の長期不況で2億ドル以下に下落したが、昨年には2億1000万ドルに上昇。今年9月には2億4400万ドルにまで急騰した。8月に比べても1ヵ月で400万ドル値上がりした。LNGタンカーの需要増で価格が上昇している格好だ。
https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/10/14/2022101480106.html

2022-10-04-k001.jpg

だが、韓国造船「ビッグ3」が、昨年から続いた受注好況にもかかわらず赤字の沼から抜け出せずにいる。造船3社は、今年に入って7か月ぶりに今年の受注目標値の平均90%を達成した。しかし、第2四半期の営業利益を出したところは1か所もなかった。かつての造船業の長期不況による低価格受注の影響だ。厚板(厚さ6ミリ以上の厚い鉄板)価格が上がったのも、造船業者の収益性に悪影響を与えている。

韓国の造船業界によると、現代重工業グループの造船持株会社である韓国造船海洋は、今年第2四半期の売上4兆1886億ウォン(約4188億円)、営業損失2651億ウォン(約265億円)を記録した。売上高は、船舶建造量が増え、前四半期比7.2%増加したが、営業利益は前四半期(-3963億ウォン)に続き赤字を出した。厚板価格など、一回性費用を除けば、BEP(損益分岐点)水準だというのが会社側の説明だ。

第1四半期に4701億ウォン(約470億円)の営業損失を出した大宇造船海洋の第2四半期実績は、霧の中だ。市場では当初、大宇造船が今年第1四半期より大幅に改善された750億ウォン(約75億円)程度の営業損失を出すものと推定した。だが、51日間にわたる下請け労組のストライキで8165億ウォン(約816億円)に達する売上損失を被り、これより実績がさらに悪化した。

関連記事

[ 2022年10月16日 08:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp