韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  未分類 >  北朝鮮のミサイル対応で、米が迎撃ミサイルSM6の日本向け売却を暫定承認

北朝鮮のミサイル対応で、米が迎撃ミサイルSM6の日本向け売却を暫定承認

米国が弾道ミサイルを迎撃する先端ミサイル「SM6」の日本への売却を暫定承認した。北朝鮮の核・ミサイル危機が高まる中で出た措置だ。 米国防総省は20日、防衛産業メーカー「レイセオン」が製造するSM6ミサイル32基を日本に販売することを国務省が承認したと明らかにした。日本が総額4億5千万ドルを投入する同ミサイル導入事業は、米議会の承認のみを残すことになった。

SM6ミサイルは、イージス艦艇に配備し航空機、艦艇、弾道ミサイルなど多様な標的を打撃する兵器だ。韓国軍も来年から同ミサイルを導入する計画だ。 米国務省による日本へのSM6ミサイル販売承認は、北朝鮮の弾道ミサイル発射が相次ぐ中で行われた。北朝鮮が今月4日に発射した弾道ミサイルが自国の上空を通過すると、日本はきわめて敏感な反応を見せた。北朝鮮のミサイルが日本上空を通過したのは5年ぶりのことだ。

こうした中でウェンディ・シャーマン米国務副長官は、北朝鮮の核・ミサイルへの対応などについて話し合う韓米日外交次官会議に出席するため、24日から東京を訪問する。国務省はシャーマン副長官が韓米、米日次官会議を開き、韓米日次官会議にも出席すると明らかにした。

スポンサードリンク
国務省高官は、シャーマン副長官の訪日に関するブリーフィングで、米国の韓国に対する拡張抑止公約について「バイデン大統領は、核・通常兵器・ミサイル防御能力などあらゆる範囲の防御能力を動員し拡張抑止を提供することを確言した」と述べた。また、シャーマン副長官が韓日外相と北朝鮮の核・ミサイルのみならず台湾問題も主に論議する予定だとした。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/44888.html

2022-10-22-k003.jpg

SM-6は、SM-2BlockIV(4)に、AMRAAM(先進中距離空対空ミサイル)のアクティブ・レーダー・シーカ(探知機)を搭載した2段式対空ミサイルである。開発は2004年に始まり、2009年より低率量産を開始した。SM-6は、モジュラー構造で、大きく5つに区分される。先端はレドームとなっており、AMRAAMの送信装置などを利用したアクティブ・レーダー・シーカ(探知機)および、INS(慣性航法装置)などを内蔵する誘導部分である。

この後方は弾頭部分となっており、目標方向に破片を集中できるMk125指向性爆風破片弾頭を装備する。信管は半導体の全面採用により信頼性を向上したMk45 Mod14を使用し、近接または着発モードを選択可能。SM-6は、アクティブ・レーダー誘導方式のため、SM-2ミサイルの様に、SPG-62によるレーダー波照射を必要とせず、更に多数の複数目標に同時対処可能である。また、レーダーの視界外となる遠距離を低空飛行する対艦・巡航ミサイルにも対処可能。

関連記事

[ 2022年10月22日 08:18 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp