韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  日本社会 >  「世界一の長寿村」の看板を下ろした沖縄

「世界一の長寿村」の看板を下ろした沖縄

スポンサードリンク


世界一の長寿村と呼ばれていた日本最南端の島「沖縄」。一時、世界中のマスコミと長寿学者たちがこぞって訪れ、沖縄特有の長寿の秘訣(ひけつ)を分析して紹介した。米週刊誌タイムは2004年の特集記事を通じて「100歳まで元気に暮らしたければ沖縄に学べ」と報じた。WHO(世界保健機関)から「世界最高長寿地域」という称号まで得た。その沖縄も、今では長寿村と呼ばれなくなってしまった。

日本の厚生労働省が今年発表した2021年の平均寿命を見ると、沖縄の男性の平均寿命は47都道府県のうち36位にとどまった。1985年に全国1位だったことを思うと、大きな開きが感じられる。沖縄の男性の平均寿命は80.27歳と、京都の東に位置した日本1位の滋賀県(81.78歳)よりも、約2歳短い。 沖縄県の寿命の低迷は1990年代から始まった。1995年に4位に下がり、2005年には25位に急落。現在は36位に甘んじている。

沖縄の女性も同様だ。2021年の平均寿命は87.44歳と、日本国内で7位だった。2000年代半ばまでは、他の地域とは歴然とした差があり、不動の1位だった沖縄のおばあさんたちは、今では他の地域に住むおばあさんたちよりも先に亡くなる。

スポンサードリンク

沖縄では糖尿病による死亡率は11.9%と、全国平均の11.4%よりも高い(2018年日本人口動態統計)。世界基準からすれば、依然として沖縄の平均寿命は高い方に属しているものの、日本国内では長寿村ではなく、短命村と言われても致し方ない立場にまで落ち込んだ。長寿医学者たちは、家族や友人、隣人同士の集団的所属感と強い友愛が自然に長寿文化を形成した、と説明する。
https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/10/21/2022102180142.html

2022-10-23-k002.jpg

2004年には米国のニュース週刊誌『TIME』が、沖縄の健康長寿を特集し、”100歳まで健康で長生きしたければ沖縄のライフスタイルに学べ!”という標語が表紙を飾った。しかし、皮肉なことに、この時期から沖縄県の長寿ランキングは下降し始め、2017年の平均寿命ランキングでは、男性が36位、女性が7位にまで後退した。

主な原因として、急激な米国型食習慣の普及、および一世帯に3台ともいわれる自動車生活の浸透(運動不足)による肥満症や糖尿病の激増が挙げられる。 日本で最後の国立大学医学部として、琉球大学医学部が新設された1980年当時の80、90歳台の沖縄県民患者の解剖所見によると、大動脈や冠動脈の粥状動脈硬化や石灰化がほとんど認められず、血管年齢の若々しさに病理医たちが驚嘆した様子が記録されている。

1970年代の沖縄県では、糖尿病による死亡率全国ランキングで男女ともに47位でしたが、21世紀に入ると男女揃って1位(最下位)の時期が続きました。戦後の米軍統治下、米国型食習慣の流入によって、沖縄県民は戦前のスローライフから一気に高脂肪・高糖質の食環境にさらされることになった。戦後、沖縄県民の脂肪エネルギー摂取比率は常に全国平均を5 % 以上、上回っており、動脈硬化症の温床となる肥満症、糖尿病、脂質異常症の蔓延と平均寿命ランキングの降下が加速した。



関連記事

[ 2022年10月23日 08:25 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp