韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国バッテリー7-9月期に過去最大の好況

韓国バッテリー7-9月期に過去最大の好況

スポンサードリンク


世界の電気自動車市場が急成長し、韓国のバッテリー業界が好況に沸いている。LGエネルギーソリューションとサムスンSDIは7-9月期に過去最大の業績を上げ、SKオンもやはり赤字幅を大きく減らすものとみられる。こうした成長は当分続く見通しだ。

LGエネルギーソリューションは26日、7-9月期の営業利益が5219億ウォンで前年同期の営業赤字3728億ウォンから黒字に転換したと公示した。売り上げは7兆6482億ウォンで前年同期比ほぼ2倍水準の89.9%増加した。営業利益もやはりライセンス代価合意金と引当金など単発要因が反映された昨年4-6月期の7243億ウォンを除くと最も良い成績を収めた。

LGエネルギーソリューションの李昌実(イ・チャンシル)専務は「北米と欧州の顧客向け車載用バッテリー出荷量が増加し、北米の電力網用エネルギー貯蔵装置(ESS)製品供給本格化、IT新モデル需要への対応などで過去最大の四半期売り上げを記録した」と説明した。

スポンサードリンク

LGエネルギーソリューションはこうした業績好調傾向に力づけられて今年の年間売り上げ目標をこれまでの22兆ウォンから25兆ウォンに引き上げると明らかにした。LGエネルギーソリューションの権暎寿(クォン・ヨンス)副会長は「堅調な受注残高を基にグローバルリーディングカンパニーとしての位置付けを育てたい。これを通じて収益性ナンバーワン企業になる」と話した。
https://japanese.joins.com/JArticle/297049?servcode=300§code=320

2015-02-26-lg.jpg

LGエネルギーソリューションの売り上げは7兆6482億ウォンで前年同期比89.9%増加した。純利益は1877億ウォンで黒字に戻った。7-9月期の売り上げは四半期基準で過去最大だ。営業利益もやはりライセンス代合意金と引当金など単発要因が反映された昨年4-6月期の7243億ウォンを除くと最も良い実績だ。

同社CFOのイ・チャンシル専務は「北米と欧州の顧客向け車載バッテリー出荷が増え、北米の電力網用エネルギー貯蔵装置(ESS)の供給本格化、IT新モデル需要への対応などで過去最大の四半期売り上げを記録した」と説明している。続けて「7-9月期は売り上げ成長にともなう規模の経済効果、メタルなど主要原材料原価上昇分の販売価格反映と生産性向上などにより全製品群で収益性が改善した。このほかにもドル高という友好的な為替環境が続いた点も業績改善の主要因」と付け加えた。



関連記事

[ 2022年10月27日 08:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp