韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国、日本に追いつく間に台湾に追い越される危機

韓国、日本に追いつく間に台湾に追い越される危機

世界的なドル高が思いがけないプレゼント(?)を抱かせた。韓日経済逆転の夢だ。国際通貨基金(IMF)は今月発表した「世界経済見通し報告書」で今年の1人当たり国内総生産(GDP)を韓国が3万3592ドル、日本が3万4358ドルと予想した。わずか766ドルの差だ。

IMFが集計した昨年の韓国と日本の1人当たりGDPは韓国が3万5004ドル、日本が3万9301ドルで格差は4297ドルだった。その差が1年で3500ドルも狭まった。現在150円台に迫る対ドル円相場がさらに下がれば史上初めて韓日の名目1人当たりGDPの逆転が現実化するかもしれない。

しかしこうした逆転ドラマをただ楽しむには状況は良くない。われわれが統制することはできない外部経済変数のために起きた結果であるためだ。今年に入り対ドルでウォンは20%下落したが円は30%も落ち、両国のドル換算GDP格差が大きく狭まった。韓国がよくやったためというよりは日本がよくできなかったという話だ。

スポンサードリンク
その上世界経済全体で見れば韓国はそれまでの地位を守ることも容易でない。昨年韓国は1人当たり国民所得(GNI)でイタリアに再び抜かされた。2020年のコロナ禍でG7のイタリアを抜いたと歓呼してからわずか1年だ。1人当たり名目GDPでも韓国が日本に追いつく間に台湾がいつのまにか韓国を追い越す勢いだ。
https://japanese.joins.com/JArticle/297064

2022-09-22-k003.jpg

韓国と日本の格差はまだ厳然とした現実だ。日本がこれまで積み上げてきた富が途轍もないためだ。日本の外貨準備高は9月末基準で1兆2380億ドル。世界2位。対外債権から対外債務を差し引いた対外純資産は411兆円で31年にわたり世界1位。堅固な財政のため円の急落でも日本で通貨危機や金融危機を心配する雰囲気は見当たらない。

日本にとっての円安は、日本政府はドル売りでの利益も莫大であるし、トータルでは莫大な金額を得ている。がしかし日本政府も財務省もかたらないし、メディアも報じない。円安で倒産危機と輸入企業低迷をあおるだけでしかない。今の日本経済は順調である。輸出企業は過去最高益であるし、アホなユニクロが語る円安は駄目といいつつ、過去最高利益を得ている。

逆に言えば、今の過去最高益が頂点とすれば、今後は低迷する可能性があるし、そういう意味では今後の対応に備える必要があるという意味となる。今後は開発がネックとなり、新たな技術で世界を先導する企業が利益を得る事になる。特に自動車産業は、変革が求められる。

関連記事

[ 2022年10月28日 10:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
そもそも韓国が海外生産分まで自国のGDPに組み込んでる時点でまやかしですけどね。この手の話は。
[ 2022/10/31 23:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp